[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

スポンサーサイト

-- 年 -- 月 -- 日
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五線スタンプ

2018 年 11 月 04 日
トランペット奮闘日記


五線を引けるスタンプが出たそうです。発想が面白い。




確かに、とっさに旋律をメモしたいときに手元に五線譜がないときはありますね。まあ、そんな時はペンも紙も無かったりするのですが(^^;)。吹奏楽とかで譜面にささっと1、2小節付け足したいときに便利そうですね。

このインクは補充が出来るのか。線を引いた後にすぐ音符を書けるのか、乾燥の具合も気になりますね。


スポンサーサイト
YAMAHA管楽器が値上げ

2018 年 08 月 11 日
トランペット奮闘日記


YAMAHAの管楽器が9月から全般的に値上げするそうです。




トランペットとフリューゲルは¥10,000~15,000ぐらい値上がるみたいですね。これは悲報です。

GR フリューゲル、ピッコロEMモデル

2018 年 02 月 25 日
トランペット奮闘日記


GRのエリック・ミヤシロ モデルのフリューゲルホルン用、ピッコロトランペット用が発売されたようですね。

価格は\45,198(税込み)だそうです。
(うう、ちょっと手が届きませんな・・・f^ ^;)





GR エリック・ミヤシロモデル販売

2018 年 01 月 03 日
トランペット奮闘日記


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

去年、エリック・ミヤシロ氏がGRというメーカーから新たなエリック・ミヤシロ・シグネーチャーモデル発売の話題を氏のFacebookで見かけていたのですが、去年の12月21日から販売が開始されたようですね。





・Eric Miyashiro Model “Studio Lead”
カップ内径:0.630”(16.0mm)
バックボア:新開発T76
銀メッキ仕上げ

こちらの“Studio Lead”はEric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏がメインで愛用するマウスピース。数値上は内径.630”(16.00mm)ですが、Eric Miyashiro(エリック・ミヤシロ)氏のために新たに設計されたリム形状は柔軟性に富んでおり、窮屈な感覚がしません。快適な感触、クリアな発音を実現しています。

’「山野楽器」からの引用’


見た目では、YAMAHA EM1より浅そうですね。かなり興味はあります。が、

価格は、\45,198(税込)(メーカー希望小売価格\50,220)
だそうです・・・

いや、これでエリック・ミヤシロ氏になれるなら安いのかもしれません。しかし、簡単には手が出せませんねぇ。いつの日にか試奏はしてみたいものです。

テーマ: トランペット ジャンル: 音楽
XOトランペットがフルモデルチェンジ

2017 年 12 月 19 日
トランペット奮闘日記


今年の9月にXOのトランペットのラインアップがフルモデルチェンジされたそうですね。コメントで知らせてもらうまで全然気が付きませんでした。

自分の愛用しているXO RV-GBの後継モデルとなるのは、1602LTR(Light Weight Reverse Tuning Slide B♭ Trumpet)というモデルになるのでしょうか。ベルの大きさはRVシリーズと同じ大きめの127mm。



グローバル社XO《New》(エックスオー)のカタログより’ 

RVシリーズはゴールドブラスベル、イエローブラスベルにそれぞれクリアラッカー、銀メッキ仕上げという4種類でしたが、1602LTRはイエローブラスベルにゴールドラッカーと銀メッキの2種類のようです。

1602LTRはイエローブラスベルのみで、どちらかと言うとRVシリーズというよりはライトウェイトモデルのRVTシリーズに近い感じなのかもしれませんね。イエローブラスベルとゴールドラッカーの組み合わせはビッグバンドでバリバリ行けそうなイメージですね。

主抜差管アールクルーンリバースタイプでラウンドクルークはそのままのようですが、右手の指かけはリング状ではなくなり何か見た目の印象はだいぶ変わってしまった感じがしますね。

RVシリーズが型落ちとなってしまったのはちょっと寂しい気もしますねぇ。でも、何だかんだ言っても自分的には今後もXO RV-GBを使うことには変わりありません。XO RV-GBだったからこそこれまでトランペットを続けて来れたと思っていますから。それぐらい好きな楽器なのです。




10年前に購入したときに記念撮影したXO RV-GBです。懐かしいですねぇ。

現在、さすがに手が当たる場所のラッカーは剥がれてしまってるところもありますが(マニキュア塗ってカバーしてます)、10年経っても演奏に支障があるような部品の摩耗や異常などはありません。トランペットって長持ちしますね。もう10年も余裕な気はします。

しかし、今年は例年以上に寒さが厳しいですな。
しばれる~っ。

テーマ: トランペット ジャンル: 音楽
初雪

2017 年 11 月 19 日
トランペット奮闘日記


寒いと思ったら、外では雪が降っていて若干積もってました。(@o@;)

今年は例年より早い初雪ですねぇ。



エビの尻尾、食べる?食べない?

2017 年 10 月 04 日
トランペット奮闘日記


以前にめざましテレビで「エビフライを食べる時にエビの尻尾も食べますか?」というアンケートをしていました。結果は食べる派が44%、食べない派が56%だったとか。食べない人の方が少し多かったのが意外だった気がします。

何でも、栄養学的にも調理師的にもエビの尻尾は栄養価が高くて美容にもよく、旨味が凝縮されて美味しいので是非食べた方が良いという話でした。

自分はどうなのかというと、昔は食べていましたけど、トランペットを始めてからは食べなくなりましたね。一度、海老の殻で唇を切ってしまって楽器を吹くのに支障があってから食べなくなりました。

トランペットを始める前は口の中が切れようと気にせず全部食べたものですが、今は少しでもそういうリスクのあるものは無理してまで食べたいと思わなくなりましたね。

あと、何故かポテトチップスを食べると口内炎が発生する確率が60%ぐらいあるのでほとんど食べなくなりましたね。でも、年に2、3度くらいは無性に食べたくなる時があるのですよねぇ。

そう言えば、めざましテレビではエビの尻尾の揚げ方によってはパキンパキンになるまで揚げなくても、そこそこ柔らかさを保ちつつ美味しく揚げることも可能だという検証もしてましたね。しかし、どちらかと言うと自分的にはエビの尻尾はパキンパキンの方が好みですけど、でも食べないという。(^^;)


テーマ: トランペット ジャンル: 音楽
カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。