[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

YAMAHA 中川モデルマウスピース

2007 年 06 月 23 日
トランペット奮闘日記


以前から気にはなっていた中川善弘というプロトランペッターのサイト。トランペットのマウスピースで検索して行き着いた人も多いのではないだろうか?

中川氏は非常に熱心な方で掲示板で多くの人たちの質問に答えたりアドバイスしたり、プロの方がこんなに親身になって受け答えしているサイトは他に見たことがない。

中川氏によると日本人の歯並びでは外国人の作ったマウスピースをうまく鳴らせないとのことだ。

確かに最近よく思っていたのはBachのマウスピースで高音を出そうとするとき音が止まることがあることだ。まさにそのことについてもふれられていた。

あと、小さいものより大きいマウスピースを使う方を薦めていらっしゃるようだ。中川氏はもちろん、氏の周りのプロの方々もみんな大きなものを使っていて小さいのを使っている人はいないとのこと。やはりうまい人は大きめのを使うものなんだ。

中川氏によると日本人には「えぐり」が必要とのことだ。それによって日本人の歯並びでも音が出やすくなるという。

日本人の考えた日本人のためのマウスピース。試してみたい!どうやら中川モデルはYAMAHA銀座店でしか扱ってないみたいだ。さっそく銀座へGO=3

さっそく氏も使っているという一番大きな18B4NJと18B4NCを試奏させてもらうことに。YAMAHAの18番カップの口径は17.43mm。

18B4NJのNは中川モデル、JはJazzを表している。18B4NCのCはClassicタイプ。違いはバックボアの違いらしい。

Jazz向けはタイトでClassic用は広めとのこと。今までバックボアの違いのことなど考えてみたこと無かった。あと、スロート径の違いでも変化あるようだ。

さっそく吹いてみた。最近はBach1-1/2Cを使っていたおかげでそんなに大きくも感じなかった。うん、確かに出やすい気がする。ミドル・ソより上の音が止まる現象は起こる気がしない。

スロート径は18B4NJが細めの#28の3.56mm、18B4NCがBachと同じ#27の3.66mm。そのせいかNCの方が吹きやすい。NJは息が余る感じがした。スロート拡張の必要性があると思った。

さすがに大きいカップで答えを出すにはもう少し練習の必要があると思うが理想のマウスピースとなりえるかもしれない、そう思わせてくれるものだった。

音色もどちらも捨てがたいし、とりあえずどちらも買ってみることにした。18B4NJはスロートを#26の3.73mmに拡張をお願いした。2週間ほどかかるらしい。

このお店には他にも見たことのないマウスピースがたくさんあった、さすが銀座。記念にちょっと興味があったものを図々しく吹かせてもらうことに。

Bachの大口径1、1X、1C、1B、1-1/2Bを出してもらいさっそく試奏。1C以外は初めて見るものだ。

やっぱり1-1/2B、憧れのウィントン・マルサリスも使っていたというマウスピース!でも、吹きにくかった・・ウィントンはこんなカップであんなに吹きまくれるなんてやはりすごいっす(@ @;)。

Bach1はカップ内径17.5mmのBachで一番大きいものだ。でもそんなに大きく感じなかった。でも吹きにくい感じだ・・・1Xも1Bも深すぎるためだろうが吹きにくく思った。

そんな中、1Cは割と音がでやすく吹きやすいと感じた。すでに持っている1-1/2Cはスロート径が#23の3.91mmぐらいでかなり広いため息がすぐなくなる。こちらはノーマルの#27 3.66mm。

なんだかさんざん吹かせてもらったので何か買わないと申し訳なく感じ、比較のために1Cも購入することにした。

いや~今日も大人買い(^^;)。しかし、理想のマウスピースに出会えるのなら仕方ない。中川モデル、理想のマウスピースになってくれそうな予感。


 YAMAHA 18B4NC
 リム内径 17.42mm
VINCENT BACH 1C
リム内径 17.0mm
スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
買っちゃった!XO RV-GB!!

2007 年 06 月 09 日
トランペット奮闘日記


今日こそ買うぞ!そう心に決め再び楽器屋に向かう=3

試奏室の広さも関係あるかもしれないと先週より広いところで吹かせてもらうことに。XOの2本と有名なBach 180MLのゴールドブラスベル&ラッカーのも試させてもらうことに。

う~ん、やはり部屋の広さは関係あるようである。RV-GBとRV-Sのより細かな違いが分かった。

RV-GBはやはりやわらかく音量のダイナミクスの幅が大きくピアニッシモでも聴かせられる。コンボならこちらだ。

RV-Sは張りのある真っ直ぐな音で大編成の中でも埋もれず吹けるだろう。しかし、ピアニッシモでの繊細な表現は苦手と思えた。

銀メッキがしっとりと濡れていると例えるのなら、ゴールドラッカーは乾いている枯れている(良い意味で)という感じだろうか?JAZZには欠かせないであろう渋い音というのはゴールドラッカーが向いてる。

この一週間、RV-Sに気持ちが傾いていたが表現の幅の広さと可能性を考えると自分にはRV-GBの方が適していると思えた。

気持ちは固まったが一応Bachも吹かせてもらいましょう・・・ぬおぉ想像以上に良い!(カナリ予想GAY@@;)

さすがBach、これがBachなのかぁ!いい音がする。通りで世の中にBachを使っている人が多いのかわかった気がした。

息に音がぴったりくっついて来る感じというのか、音量のダイナミックスが自由自在だ。チューニング管がコの字で支柱2本で抵抗があるせいなんだろうか。音も聞き覚えのあるまさに正統派のトランペットの音だ。

しかし、しかしちょっと迷ったりするもやっぱりXO RV-GBだ。

押し心地が絶妙な気持ちよさのピストン、息の抵抗を減らすためのチューニング管のアール、すべての抜差管がリバース式。きっとこれを考えた人とは話が合うだろうなぁ。もうXOに惚れてしまっているのだ。

BachもYAMAHAも世の中に使っている人は多い。それに比べるとまだまだXOユーザーは少ないだろう。だからこそなおさら自分はXOを使いたい、XOで表現したいのだ。

「買います!」

そうして¥200,812現金一括払いで購入。
我ながらアッパレな大人買いだのう。
しゃっ、がんばりまっせ!



 XO RV-GB
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
めっさ欲っすい

2007 年 06 月 02 日
トランペット奮闘日記


最近はトランペットのカタログを眺めてはため息をつくばかり。あ新しい楽器がほっすいなぁ

YTR-4335Gを購入するとき、店員さんには「趣味でやるなら十分なもので末長く使えますよ」と言われた。しかし、一度あのプロモデルを体験してしまうともうスチューデントモデルでは物足りないと思うようになってしまったのです。

もう自分にとってトランペットは単なる趣味という位置づけではなくなっている。もっと本気で取り組みたい。もっとうまくなりたい。

いや、音楽自体が趣味というより自分のアイデンティティそのもの、自分の音楽性を向上させることができるのならその価値はプライスレス!(By MasterCade)

買おう、プロモデル買っちまおう!買えば違うステージにいけるはず!!さっそくXOを吹かせてもらったあのお店へ=3

XOのトランペットを買うつもりであったがとりあえず気になるものも試奏させてもらうことに。(^^;)

XOのRV-GBとRV-S、YAMAHAのYTR8340EM、YTR8335GH、YTR8335RGSの5本を出してもらう。

YAMAHAの3本は音が硬いというか前方に焦点が集まっている感じがした。(もちろん新品でまだ吹きこまれてないのもあると思いますが)

これがYAMAHAの音というのだろうか。ビッグバンドのリードで前方にバリバリ吹くのが似合う感じだ。現段階の自分の力量ではそういう感想を得た。

しかし、やはり柔らかく横に広がる感じのXOの方が興味ある。RV-GBはゴールドブラスベルにゴールドラッカー仕上げ。この組み合わせはやわらかく暖かな音になる組み合わせだ。

オールラウンドに大編成のバンドももちろんだが少人数のコンボ編成などでも表現豊かに吹けるだろう。今日はこれを買う気で来たのだ!

一応、RV-Sの方も吹かせてもらう。あれ、いい感じ!こちらはイエローブラスベルに銀メッキ仕上げという組み合わせでどちらかというとビッグバンドでピュンピュン吹きまくるイメージがあった。

しっかし、きれいな音がした。しっとりとして粒の細かい繊細な音。これが銀メッキの効果なのか?

やばい・・・RV-GBよりこちらに気持ちが移ってきたぞ。(ケッコウ予想GAYデス@ @;)

散々迷っているうちいつの間にか閉店の時間・・・レジ閉めしてしまったので今日はもう買えないとのこと。

いやそりゃ迷っちまいますよ、安くない買い物っすから(汗)。

どうすんの、どうすんのよオレ!?つづく!!
(by LifeCade)

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム