[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

フラジオ、サックスのしくみ(後編)

2013 年 02 月 25 日
トランペット奮闘日記


お待たせしました。後編です。
(前編はこちら

これまで、サックスと言う楽器は竹(?)から切り出したリードを振動させ音を出し、音域は2オクターブ半ほどというぐらいの認識しかしていませんでした。

いい機会なので、サックスの仕組みをもうちょっと少し深く探ってみることにしました。まずはライバル楽器のことを知っておかないと。(だから、なぜ対抗心を持つ?^^;)

まずは、サックスの管の長さを知りたくて「サックス 長さ」「サックス 全長」で検索してみました。しかし、
曲がった状態の全長は見つけられましたが、管自体の長さというのは見つけることができませんでした。

そういうことを気にするのは私だけなのか?人気の花形楽器であるサックスですから中にはマニアックな解説をしているサイトもありそうと思ったのですが。

とりあえず、曲がっていないソプラノ・サックスの全長は70cmぐらいであると判明しました。

乗り掛かった船、ならばサックスを持ってもいないし吹いたこともない私が「サックスの管の長さ」の理論的な推測をしてみることにしました。

リコーダーやクラリネットなどは円柱を基に作られているので閉管なのですが、サックスは円錐を基に作られているので開管になるそうです。

そこで以前、「トランペットの長さ」の時に使った物理の開管の公式を使ってサックスの管の長さを計算で出してみることにします。





ソプラノ・サックスはB♭管ですが最低音は実音Aでその音の周波数は220Hz。音速Vは340m/sとし、サックスは基本的に基音で演奏するのでm=1。

これを上の公式に入れ計算すると長さ「l」は77.2cm。トランペットよりだいぶ管が太いので開口端補正は20cm以上になるとは思えません。2cm~10cmの間になりそうですね。(※完全なる勘です)

そうすると、やはり全長70cmぐらいになりそうです。これは、基音がB♭(233.1Hz)で全長67cmのブブゼラより少し長いぐらいですね。

次にアルト・サックスはE♭管。最低音は実音D♭で138.6Hz。計算すると122.6cm。開口端補正を考慮にいれると110~120cmぐらいでしょうか。

次にテナー・サックスはB♭管。最低音は実音A♭で103.8Hz。計算すると163.8cm。開口端補正を考慮にいれると152~162cmぐらいでしょうか。

次にバリトン・サックスはE♭管。最低音は実音D♭で69.3Hz。計算すると245.3cm。開口端補正を考慮にいれると233~243cmぐらいでしょうか。
(※下の「後日追記」もお読みください。)

ふぅ、終わった~。途中から、なぜ私は一生懸命サックスの管の長さを計算しているのか理由を忘れてしまっていましたが、思い出しました。乗り掛かった船でしたね。(^^;)

(※すべて計算上の推測値です。実際に合っているかどうかは確かめようがありませんのであしからず)

そこで気づいたのは、サックスはE♭管とB♭管ですが最低音は違う音です。その最低音が基音となるのではないのか?例えば、ソプラノ・サックスならA管と言わないのは何故なのだろう。

と、一瞬思ったのですがトランペットはB♭管ですが最低音は実音でE。だからと言ってE管とは言わないことと同じなのだろうと気づきました。

基準の「ド」が実音E♭かB♭となるように作られていて、低い音も少し出せるようにしてあるのでしょう。

さて、先に書いたようにサックスと言う楽器は開管だったのです。何を意味しているかというと、理論上には「トランペットと同じように倍音(フラジオ、オーバートーン)を使って演奏することも可能」なのです。

トランペットの場合、第2倍音の実音B♭を鳴らして000→010→110→101とピストンを押すと実音で「シ♭ラソファ」と演奏出来ます。

第3倍音の実音Fを鳴らして同じ運指で000→010→110→101とピストンを押すと「ファミレド」と演奏出来ます。

第5倍音の実音Dを鳴らして000→010→110→101とピストンを押すと「レド#シラ」と演奏出来ます。(※どれも移動ドで「ドシラソ」となります)

サックスも同様に倍音を出しつつ、その上で「ドレミファソラシド」とやれば同じ運指でも基音と違う高い音が色々鳴らせるというわけなのです。

アルト・サックスの通常の音域は2オクターブ+完全5度ですが、フラジオを利用すると4オクターブ+完全4度ぐらいまで出すことが可能になるようです。(トランペットで言うダブル・ハイ・ソ#ぐらいまで@@;)

通常のセクシーな音色に加え、フラジオ奏法という高音域を出す必殺技も隠し持っているのです。優雅にフィギュアスケートをやっている人だとばかり思っていたら、実はサンボの達人でもあったというぐらいの衝撃な事実です。(^^;)

どうですか皆さん、サックスはかなり手強い相手ですぞ!(だから、なぜ対抗心を抱く?^^;)

(※ただし、サックスでフラジオを出すのは結構な高等テクニックであり、誰でも簡単にできるものではないようです。)

ちなみに、音楽理論的に倍音列は基音を第1倍音、その1オクターブ上の音を第2倍音、その完全5度上を第3倍音と呼びます。

でも、サックスをやっている人たちがフラジオ奏法する時は、基音は基音、基音の1オクターブ上の音を第1倍音、その完全5度上を第2倍音と呼ぶようですね。サックス奏者とフラジオなどの話をする時に気をつけましょう。

ちなみに、一般的に市販されているリードは竹でなくケーンという葦の一種を加工して作っているそうです。合成樹脂製のものもあるみたいですね。

そういえば、以前楽器屋の店員さんからチャーリー・パーカーはめっちゃ硬い5番(?)のリードを使っていたと聞いたことがあります。

サックスを吹いたことのない私にはそれがどれぐらいすごいことなのかは解りませんでしたが、そんな硬いリードであのビバップ・フレーズを吹きまくるというのはとにかく常人離れしていたということなのでしょう。

いや~、今回は久々話しがすごく長くなって途中で区切らざるを得ませんでした。でも、フラジオの正体が分かってスッキリしました。(笑)


-後日追記-

現在のバリトン・サックスの仕様では最低音が実音Cのもの方が一般的のようです。手持ちの音域表にはD♭と書いてあったのでした。

その最低音のC音は65.4Hzなので計算すると259.9cm。開口端補正を考慮にいれると248~
258cmぐらいとなりそうです。

バリトンぐらいになると、たった半音一つ下がるだけで15cmも長くなるのですね。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
フラジオ、サックスのしくみ(前編)

2013 年 02 月 24 日
トランペット奮闘日記


今までフラジオやオーバートーンという単語はサックスをやっている人以外に使っているのを知リませんでした。なので、ずっとサックスかブラス楽器特有のテクニックの名称とばかり思ってました。

じつは、「フラジオレット = ハーモニクッス」だったのですね。なんだか、それを知って「アハ体験」をしてしまいました。

Harmonics(ハーモニックス)とは倍音のことです。また、harmonic overtoneという言い方もあり、これがオーバートーンと略されているのでしょう。

「上の方の音」で「オーバートーン」、そう言われればそうですね。

高校、大学とブラス楽器をやっている人でも倍音のことを今ひとつ理解していない人も結構いました。いい機会なので、ここで一つ私なりに書いてみたいと思います。

金管楽器をやっている人には倍音というものは音階を奏でるためのものと認識されています。しかし、そもそも倍音というのは”音色の成分”なのです。



じつは、上図において基音のドを鳴らすと2番目以降の倍音も同時に鳴っているのです。(スペース上、12倍音までしか載せてませんがもっと上の方も鳴っています)

ピアノの低音の方の太い弦でやると聴き取りやすいと思います。弾いた音の1オクターブ上やその完全5度上の音に集中して聴いてみると「ホーン」と響いているのに気付くと思います。慣れるともっと色んな音が聴き取れると思います。

ピアノとトランペットの音の違いを区別出来ない人はまずいません。では、なぜ違って聴こえるかというと同時に鳴っている各倍音の強さの割合が違っているためです。

トランペットの音が明るく、バイオリンの音が哀愁を帯びているように聴こえるのは私的には前者がメジャーコード、後者がマイナーコードの成分が強いからとか思っているのですよ。

シンセサイザーという楽器がありますが、これは人工的に各倍音の強さを変え音を合成(synthesize)して音を作るものなのです。(簡略的な説明です。エンベロープという要素も必要です。)

あと、家族や友人の声を聞いただけで誰だか判ると思いますが、人の声もその人固有の倍音成分を持っているので聞き分けられるのです。

普段、意識もしていないのに倍音の組み合わせの違いをものすごく細かく聞き分け、区別できる人間の脳の能力はすごいと思いませんか?

そういえば、ヒットしている歌手は上の方の倍音が強めに出ていると聞いたことがあります。(ユーミンの出す倍音はすごいらしとTVの特集でやっていた気が)

あと、モンゴルの伝統歌唱法の「ホーミー」は基音を出しつつ口の中の広さを変え意図的に上の倍音を強調させてメロディーを奏でます。独りなのにあたかも二重奏に聴こえるのが神秘的なのですよね。

「強制的出音奏法」とはフラジオというやつではないかと思ってみたりしたのですが、そもそも金管楽器自体がフラジオを使って演奏する楽器だったのです。

書き忘れましたが、「強制的出音奏法」で振動させる場所は通常の場所より若干前方です。イメージは通常アンブッシュアでは「ブー」か「プー」ですが「強制的出音奏法」では「プー」と「フー」の間ぐらいです。

では、サックスのフラジオ奏法とは何か?

ちょっと長くなってしまったのでここで一旦区切りたいと思います。後半も書き終わっているのですがあえて出し惜しみして明日アップしたいと思います。

この、い・け・ず。f(^^;)



後編へつづく
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
Miroslav Philharmonik

2013 年 02 月 23 日
Miroslav Philharmonik


去年年末ぐらいにイーフロントから「Miroslav Philharmonik」というソフト音源のダウンロード版が4,400円で購入できるというメールが着ていました。

でも、その時はあまり気にも留めず、結局スルーしてしまいました。

そのソフト音源は伝説のフュージョン・バンド、「ウェザー・リポート」のベーシストだったミロスラフ・ヴィトウス氏が長い年月を掛けて集めたオーケストラ音源ライブラリーとのこと。

私の場合、「ウェザー・リポート」のベーシストというとジャコパスと浮かんでくるのです。Miroslav、ミロスラフ・・・なかなか覚えられない。(^^;)

私が現在使用しているメイン音源は初代YAMAHA MOTIF-RACK
です。あとサポート的にYAMAHA MU2000などもたまに使ったりします。

しかし、どちらもトランペットの音がそれっぽく聞こえないのです。オーケストラ風アレンジなどもっと勉強もしたいし音にリアリティーさが増せば意欲も上がるはず。

You Tubeなどで「Miroslav Philharmonik」の音を聴いてみたのですが、ちょっと思っていたのより電子風というか定価2万4千円ではちょっと高いぐらいのサウンドに感じました。

一番安いところで1万5千円ぐらいで扱っているところも見つけましたが、う~ん。

ちょっと、他のオーケストラ音源を探してみることにしました。そこで気になったのはCRYPTON社のシネマティック・フルオーケストラ音源「ORCHESTRAL ESSENTIALS」でした。

すごいリアリティーの衝撃が(@o@;)。これは定価42,000円でしたがそれぐらい出してもいいぐらに感じました。

しかし、そうこうしていてしているうちに月日が流れ数日前、またもイーフロントから「Miroslav Philharmonik」が期間限定で6,300円で購入できるとのメールが。

色々デモ演奏を聴いたり口コミを読んだりしてみて、まあオーケストラ音源は一つですべてを網羅できるものはないんだと自分なりに結論付けしていたところです。

前回よりはちょっと高いですが6,300円なら試してみる価値あるだろうと購入してみることにしました。

7GB分をダウンロードしてインストールしました。7GB分のほぼすべてを占めるのは音源ライブラリー。ちょっと、Cドライブに7GBも入れなければならないものかと懸念していましたが、ライブラリーは別のディスクでも大丈夫のようだったので助かりました。

早速、SONAR7でプラグイン・シンセとして使ってみることに。しかし、音が出ない?初めて使うソフト音源で設定か何か間違えているのか??

試しにSONAR付属のプラグイン・シンセを使ってみたらこちらも音が出ない??

RolandのHPで確認したらSONAR7はwindows8には対応していないとのこと・・・そうだったのぉぉ。(@o@;)

Win8でも外部音源使用ならSONAR7は問題なく作動していました。どうやらプラグイン・シンセだけは動かないみたいです。普段、プラグイン・シンセはあまり使わないので全然気づかなかった。

もう、SONARは買い替えどきというしかない。しかし、プラグイン・シンセを使わなければまだSONAR7も使える。プラグイン・シンセのために数万円の設備投資は妥当かどうかだ。

いや、妥当だ。プラグインのシンセやエフェクターもかなり進化しているはずであろう。シーケンサーでもあるが楽器、エフェクターも兼ねる。それらが数万円で手に入るのならば、自分には妥当な買い物だ。

現在、SONARの最新版はSONAR X2のよう。買っちゃおうかな。


強制的出音奏法

2013 年 02 月 10 日
トランペット奮闘日記


SHEW-JAZZに戻ってからようやく日ごとの調子の差は小さくなって安定してきたようです。音がまるで出ないといったぐらいの不調はもう無いと思います。
(そう願いたい- -;)

SHEW-JAZZでは始めから調子がいい時と、調子が上がるまで時間がかかったりする場合があるのです。

現在ではマウスピースを唇にあてただけで今日は始めから調子がいいか少し時間がかかるかだいたい判るようになりました。大抵、午前中は調子が上がらず、夜は調子がいい傾向にあるようです。

おととい、夜帰ってきてマウスピースを唇にあてると「今日は出来そうだ!」と直感しました。以前紹介した
「強制的出音奏法」で音階を演奏してみようという試みです。

「強制的出音奏法」というのは高音域を鳴らしたい時に通常演奏で使う唇振動部位ではないところを使って強制的に音を出そうという奏法。またも私が勝手に名付けたものです(^^;)。(※正式名称があるのかどうかは分かりません)

SHEW-JAZZを使うようになってからです、意識的にこういう奏法が出来ると気が付いたのは。実際、正式な奏法では無いかもしれませんが曲芸的にはありとか思っています。(^^;)

ハイCからダブル・ハイCへ音階で登ってみました。


課題


「強制的出音奏法」で音階を演奏する試み


使用楽器:XO RV-GB (with Chi-Chi-Song)
使用マウスピース:YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ
(正式名称はYAMAHA TR-SHEW-JAZZみたいですね。)

使用マイク:100円イヤホン(DAISO-G051)

演奏時間:14秒
録音日:2013年2月8日


相変わらずダブル・ハイ・ドは当てにくく、ラストは「レド#ドシド#ドシ~」と暴れまくる”ダブル・ハイ・ド”を必死で押さえつけようとしているのですが願い叶わず力尽きてしまいました。f(^^;)

ハイ・ドはけっこう出しにくく音も浅くなってしまうのですが、ミ・ファ・ソ辺りは当てやすく音もハリがあり実用的使用が可能ではないかと思っています。

強制的出音奏法をする際はいちいち唇をマウスピースから離してセットし直す必要はなく、そのまま通常奏法との切り替えができます。感覚的にはファルセットの様な感じでしょうか。

今のところ、強制的出音奏法で細かなフレーズは演奏出来ません。一発、高音を決めたいときに使えそうな感じです。

例えば、ルパン三世のテーマのサビなど結構高い音が続きます。最後、ミドル・ミを出した後に1オクターブ高上のハイ・ミに上がって決めたいのに通常アンブッシュアではまず上がれそうな気がしない。そういう時に強制的出音奏法の出番なのです。

今日、ダブル・ハイCを決めるべくリベンジしようと思っていたのですがハイ・シ♭が限度で録音は断念しました。録音しておいてよかったf(^^;)。あんなに調子が良い日はそうそうありません。

しかっし、ハイ・ソより上で一番引力が強いのがハイ・シ♭なんですよねぇ。ハイ・ラもハイ・シも気を抜くとハイ・シ♭に吸い寄せられてしまう。

そして、ダブル・ハイ・ドはド#やレよりも当てにくい。ホントにハイ・ラ以上は音の秩序が変わってしまうという感覚ですな。

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
SHEW-LEADでのハイトーンへの挑戦

2013 年 02 月 03 日
トランペット奮闘日記


風邪の方はようやく全快したようです。どんな些細な風邪でも完治するには2週間ぐらいかかると経験上インプットされています。

さて、SHEW-LEADを手に入れたものの試しに吹いてみても唇が全くと言っていいほど振動してくれず、うまく音が出せませんでした。

やはり、ムリっぽいなと思っていたのですが今日試しにカップ・ミュートで吹いてみたら結構すんなり音が出せましたのです。

練習するときはいつもチーチーソングを着けているのですが、どうやらこのマウスピースはチーチーと相性が悪いようです。

カップ・ミュートはチーチーより抵抗はかなり少ない。しかし、チーチーより高音は出しにくくなる気がします。おそらく、ミュートのせいでベルの振動を抑えてしまうためという感覚があります。

しかし、SHEW-LEADではカップ・ミュートでもハイ・シ辺りまで届きそうでした。これは、ミュートを外して吹いたら・・・とか考えてしまい、やってしまいました。


課題


SHEW-LEADでのハイトーンへの挑戦


使用楽器:XO RV-GB
使用マウスピース:YAMAHA TR-SHEW-LEAD

使用マイク:SHURE SM57

演奏時間:24秒
録音日:2013年2月3日


なんとか、ダブル・ハイCまで出せました!

と、いってもこれは出せたと言うレベルではありませんが、このマウスピースでの記念録音ということで。
f(^^;)

是が非でもハイノート・ヒッターになりたいのならミュート無しでこのマウスピースで練習を続けたら近づけるかもしれないとか思ったり。

しかし、チーチーで練習が出来ないとあれば使いこなすのはムリかもしれません。でも、ちょこちょこ試してみる価値はあるとわかりました。

でも、今のところやはりSHEW-JAZZが私のメインのマウスピースです。

ああ、防音室があったらなぁ。隣に3畳の洋室と1畳ぐらいの使えないトイレがあるのですが、どちらか防音シートでも貼り付ければ防音室が自作出来そうな気もしてるのですのよね。

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
カテゴリ
BLOG内検索フォーム