[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

ロック式ギター

2013 年 12 月 31 日
GUITAR


今回はギターの話題として弦の張替えついでに「ロック式ギター」の紹介をしてみたいと思います。



SCHECTER LOS ANGELES,CALIFORNIA USA NJ-WHT


今、私が所有しているロック式のギターはSCHECTERのNJ-WHTというものです。見た目はストラト型。




ヘッド部にSCHECTER LOS ANGELES,CALIFORNIA USAの刻印。フロムUSAですね。このギターは中古で購入したものですが、カタログなども見つけられず材質やピックアップなどの詳しいことは不明です。よく分からずとも音が気に入ったのでした。

見た目でネックはメイプルでしょうね。




ボディ部。塗装もしてあるし材質は重さとUSA物なのでアルダーと推定。ライトアッシュのFender American Standardのストラトより重いです。

さて、ここで言う「ロック式」と言うのは音楽のジャンルとしてのロックに向いているという意味ではなく「固定する」という意味です。

弦をナットとブリッジでがっちりと固定する「フロイド・ローズ」というトレモロ・ユニットを載せているギターのことを通称「ロック式ギター」と言います。




ネック部はナットのところで六角レンチで弦を固定します。







ブリッジのところは通常弦を固定するために存在しているボールエンドをニッパーで切断してレンチで固定します。弦をがっちりとロックすることでハードな演奏をしてもチューニングが狂いにくくなります。

まあ、このロック式ギターはまずハードロック志向のプレーヤー以外が使うことはほとんどないので「ハードロック式」といってもいいかもしれませんね。(笑)

ここで「弦をがっちり固定してしまったらどうやってチューニングするの?」と思われると思います。




ロックしてしまっても音程の微調整が出来るような仕掛けがあります。このネジ(ファイン・チューナー)を回すことによって各コマの角度を変えて弦を引っ張ったり緩めたりすることで若干の音程調節が出来るようになっています。

しかし、このネジで調節できる音程はせいぜい全音ぐらいの幅です。ですので、ロックしてしまう前に全音以内の調節で済むぐらいに入念にチューニングしておく必要があります。

でも、一度うまくチューニングできれば次に弦を交換するまでロックを外す必要はまずありません。それぐらいチューニングが狂いにくくなります。





さて、今回の弦交換です。私は普段エレキギターにはD'Addarioの.011-.049のセットのEXL115を使用しています。

このギターにも.011-.049のセットを張っていたのですがさすがにフロイド・ローズに.011-.049だと張力が半端ありません(以前はそれで良かったのですが)。そこで、ワンランク細い.010-.046のセットのEXL110に変えてみることにしました。

せっかく替えるのならば.011-.049のセットで録音しておいて.010-.046のセットと聴き比べてみようかなと思いました。




Em7のワンコードをありがちなリフのバッキングにアドリブを乗せてみることにしました。ドラムとベースはSONAR X2のプラグイン・シンセのSessionDrummer 3とSI-Bass Guitarを使用してみました。

ギターはSONAR付属のアンプシュミレーターを使ってみようとも思ったのですが歪ませた事をイメージしてクリーントーンで弾くというのがどうも調子が狂ってしまうのでやはり使い慣れたLINE6 POD xt Liveで録音しました。



 D'AddarioのEXL115とEXL110の聴き比べ

 Em7のアドリブ(レギュラーチューニング)

 ・EXL115(.011-.049のセット)でのリードとバッキング

 ・EXL110(.010-.046のセット)でのリードとバッキング


 使用楽器:
 SCHECTER LOS ANGELES,CALIFORNIA USA NJ-WHT
 使用アンプ:LINE6 POD xt Live

 演奏時間:40秒
 録音日:2013年12月31日
  


出だしはDからEへのチョーキングで始めることだけ決めておいて、あとはアドリブなので同じフレーズにはなりませんね。EXL115ではアームを使うのを忘れていたのでEXL110では忘れずに使ってみました。

EXL115(.011-.049のセット)が2年ほど変えていなかったのでぼやけて聞こえますね。EXL110(.010-.046のセット)の方が替えたばかりで輪郭がきっちりしています。結局、今回の音の大きな違いは弦の太さではなく古いか新しいかとなってしまったかも知れません。(^^;)

でも個人的には.011-.049のセットの音の方が好みです。なんかスクリームのハリがいいんですよねぇ。アーム付きにはEXL110を使うことにしますがGibsonのレスポールとSGにはEXL115を使い続けると思います。




ちなみに、.010-.046のセットでもフローティングを支えるスプリングは4本でないとキツイです。まあフロイト・ローズは.009のセットを使うことが前提となっているのが一般的ですから私のように無理して太い弦を張っているのは少数派かも知れません。(^^;)


それでは良い年越しを!

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
広野を行く

2013 年 12 月 16 日
トランペット奮闘日記


先日、スマホ版のドラクエⅠが無料で配布される情報をつかみ、「懐かしいじゃあ~りませんか!」という感じでダウンロードしておきました。私もドラクエⅠは四半世紀以上ほど前、プレイしてハマった一人です。(笑)

とくに音楽が素晴らしくて夢中になりました。ファミコンはビープ音に近い音色の3和音(+ノイズ音)という制限がありながら印象に残る楽曲がいっぱいありますね。

スマホ版のドラクエⅠをプレイしてみるとBGMはファミコン時代と比べホントにリアルになったものです。

一番長く聴くことになるBGMはやはりフィールド上の「広野を行く」でしょう。なんだかこの曲をトランペットで吹いてみたら面白いかもと思いました。




中学校時代に友人にコピーさせてもらたドラクエの譜面を持っていますので、これを参考に伴奏はスマホ版の「広野を行く」を忠実に再現してみることにしました。(ドラクエⅠの譜面はカセット時代のものです。もうボロボロ^^;)

スマホの音をPCで録音して音を取っていくのですが、ファミコンのようにシンプルではなく少々苦戦しました。

曲の基本のテンポが97ぐらいなのですが間奏の部分が94ぐらいなのですね。あと、ピッチカートのパターンも微妙に違っていたりで一音一音確認しながら取りました。

音取りと打ち込みで3時間ぐらいかかりました。後はそれにトランペットを乗せて録音してみました。トランペットの録音は練習込で20分ぐらいで済ませました。(防音室などあればもっと完成度上がるのでしょうけど)




録音は昨日しておいたのですがミックスダウンのバランスを見失い一晩寝かせてみることにしたのです。せっかく録音してもミックスダウンしだいで良くも悪くもなってしまうものなのです。これも難しい作業です。

音域は一番高いところはハイ・レまで使っているのですがやはりEM1だと当てやすいですね。プルリもまず発生しにくい。

当初、低い音域を吹いた後にゴージャスな伴奏のところで1オクターブ高く吹いて終わりにしようと思っていたのです。

しかし、耳コピーしてみると伴奏パターンは3種類だったのです。せっかく採譜したチェロでの別パターンのピッチカートをカットするのも勿体無く思いおまけ的にカップ・ミュートを付けて演奏してみました。EM1でカップ・ミュートの録音は初ですね。

EM1のおかげで安定して出せる音域は格段に増えたことは確かです。しかし、パーフェクトな演奏はまだまだ遠いですな。(録音はいつでも残酷・・・-"-;)

ブログで書いてありますがオーディオ・インターフェイスを"Roland STUDIO-CAPTURE UA-1610"に替えました。おかげでノイズが激減してリダクト作業の必要は格段に減りました。録音の最大の敵はノイズですからね、ホント助かります。


スマホ版のドラクエⅠの方ですが始め思い通りに動かせないコントローラーの操作性に戸惑いましたが慣れるものですね。ただ、半コマではなく1コマ単位で移動するのだったらもっと動きやすと思いました。

レベルを目一杯に上げてから竜王を倒そうと思ったらレベル30以上上がらないということだったみたいですね。王様に十分強くなったからもう竜王を倒せるとか言われ気が付きました(^^;)。無事クリアしましたよ。

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
たまにはEM1以外も

2013 年 12 月 08 日
トランペット奮闘日記


マウスピースをEM1に替えてからは度々悩まされていた絶不調という事態はまだ訪れていません。季節の変わり目も変化ありませんでした。

EM1ではハイ・ドが出せない日などまず無いし、ただ出すだけならばとりあえずハイ・ソまでは出せるでしょう。

とくに不満が無いわけですが、それでも他を試したらもっと吹きやすいものがあるのでは、という欲が湧いたりするのです。(^^;)

それで久々に数本試してみることに。

まず、YAMAHA ALLEN VIZZUTTI。未だにヴィズッティ氏の技巧プレイのインパクトは忘れられず使えるものなら使ってみたいと思っているマウスピース。

はじめは結構吹きやすい感じ。舌を使うようになったせいかミドルも難ない感じでした。しかし、吹いているうちに音が出にくくなってしまう・・・

次にSchilke12A4。口にあてた感じは実にちょうどいい感じ。始めは吹きやすいかもと思うも、これは時間が経つにつれ音が出にくくなっていくだろうと予想は出来ました。

では、Bach3Cだったらどうだろうか?ミドル・ソまではすこぶる出しやすい。しかし、それ以上はピタっと止まってしまう感じでした。

舌改革を始めて1ヶ月ぐらい経った時に試した時はハイ・ソまで出せたりしてまだ吹きやすかったのですけど。

その時は高音を鳴らそうとするときは舌さえ使えばカップの深さなどあまり関係ないのかもしれないと実感していたのですが。

もうすっかりEM1に慣れてしまったのでしょうかね。EM1はいくら吹いても音が出なくなってしまう現象はまず起こらない感覚があります。

やはり、今のところEM1以外を探す必要もないのでしょう。(とは言いつつも欲は消えなかったりするのですf^^;)




EM1のシャンク傷も深くなってきましたね。


今日朝起きたら薄っすら雪が積もってました。その割に昼は久しぶりに暖かかったです。

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
ようやく見えてきた?

2013 年 12 月 01 日
トランペット奮闘日記


最近、ようやく舌の効率的な使い方が分かってきた気がします。

今これかもしれないという舌の使い方では、「音の高さはアバチュアの大きさは変えず舌を使って息のスピードを速くして変える」というのを実感出来るものです。

調子が良い時はマウスピースのセッティングを変えること無く、ロー・ファ#からハイ・ソまで3オクターブ出せたりします。リップトリルも楽です。

その時の舌の場所は、やはり舌先は下唇に付いていて、下歯の先端は舌先より1~2mmぐらいのところに当たっている感じです。

舌で下顎を蓋してしまうというイメージでしょうか。この時、舌に意識が集中しているのであまりアバチュアがどうのこうの考えてません。

気分的には変化させていない気がします。実際にはさせているのでしょうけど息に付随しているという感じか。前回書いたアバチュアを狭める吹き方とは違うものです。

ただ不思議なのは同じイメージで吹いているつもりがうまくいかない時もあるのです。しかし、以前よりはうまくいく確率が上がったと実感できます。

舌改革を始めて約7ヶ月、あれこれ試行錯誤してまいりましたが、ようやく何か開けてきた気がします。


早いものでもう12月ですね。去年は11月ぐらいから白鳥の群れが南方へ向かって飛んでいたのを毎日のように目撃していたのですが、そういえば今年はまだ見てないですね。夏が暑すぎたのと関係あるのでしょうかね?

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム