[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

FH-EMの使用感想

2014 年 02 月 28 日
トランペット奮闘日記


FH-EMを入手して試してみた感想としては、EM1とは違うマウスピースなんだと感じました。FH-EMはEM1に比べてリムが薄いというか若干大きく感じられます。

EM1は低音域から高音域まで同じアンブッシュアで吹き上がれますが、FH-EMではそうもいかないという感じでしょうか。たかが0.04mmの差なのですけどね。FH-EMはEM1というよりYAMAHA 7D4dに近いものを感じました。

でも、やはり音色はあからさまに変わりますね。FH-EMは音量が落ちてメロウでダークになります。FH-EMを吹いた後にEM1を吹くと音量が大きくてパリパリした音色なんだなと再認識出来ます。

この音色の違いは深いカップでスロートが太いというのもあるのでしょうが、重量というものも大きく関わっていると思えます。

EM1よりFH-EMの方が22gほど軽いので振動をより吸収してしまうのでしょう。プラスチック製のマウスピースも振動を吸収して音量が小さくなるというのは認識済みです。

ダークな音色を求めたいときには重さの軽いマウスピースを試してみるのもいいのかもしれませんね。

もちろん、FH-EMはトランペットではなくフリューゲルに使うことを前提としているので、フリューゲルで吹いてみるとまた感想が違ってくるのかもしれません。

それでも、EM1とFH-EMは他のマウスピースより十分併用は可能(当たり前と言えばそうなんですが)と思えますので今後も試してみたいと思います。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
YAMAHA FH-EM 吹き比べ

2014 年 02 月 23 日
トランペット奮闘日記


本日はYAMAHA FH-EMとEM1の吹き比べをしてみようと思いました。

吹き比べなので難しい曲よりはシンプルな方がいいかなと思いついたのは「AMAZING GRACE」。

意外とこの曲の譜面はありそうで持ってなかったので自分で伴奏アレンジをしてみました。キーは無難なFメジャー(実音)で。


課題曲


「AMAZING GRACE」 - YAMAHA FH-EM -

「AMAZING GRACE」 - YAMAHA TR-EM1 -


使用楽器:XO RV-GB

使用マイク:SHURE SM57

演奏時間:50秒
録音日:2014年2月23日

演奏:ini-T MUSIC SKY BAND
(使用音源:初代YAMAHA MOTIF-RACK)


演奏はKORG SP200のリアルタイムです。メトロノームを使わないで演奏したので揺れるテンポにトランペットを合わせるのが少々手こずりました。(^^;)

リリカルな演奏はカップが深く息のコントロールもしやすいFH-EMの方が向いているかもしれません。音も丸みを帯びてダークな感じです。

浅いカップのEM1だと音色は綺羅びやかです。そして、弱い息ではやはりかすれ気味になります。(かすれも味の領域に持っていければいいんですけど)

吹いているときはFH-EMの方がダークでEM1はパリパリという感じで2本の音質の違いは明瞭です。とは言っても録音を聴くとどちらもやはりトランペットの音がしますね。

おそらく、吹いているときはベルが向こう側を向いているのと、録音するときはベルの真ん前にマイクをセッティングしているのも関係あるのでしょうね。こういう時はベルの横から録るというのもいいのかもしれません。

しかし、ベルの真ん前だと唇の表面の状態もモロ分ってしまいますね(^^;)。ちょっと準備不足でフヤケ・コントロールが間に合ってませんでした。

とりあえず、やはりFH-EMはダークな音がするということで。FH-EMに関してはあらためて感想をまとめてみたいと思っています。

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
YAMAHA FH-EM & Galax TRP-FLG

2014 年 02 月 11 日
トランペット奮闘日記


YAMAHA EM1を使うようになって特に不満があるわけではないのですが、やはりシャローカップなわけです。リリカルというよりはアグレッシブの方が向いている気がします。

もし、EM1と同じリム形状でもう少し深いカップであったらどういう感じなのだろうか、という興味が大きくなってしまいました。

YAMAHAのエリック宮城モデル・マウスピースにはEM1の他にEM2とフリューゲル用のFH-EMというものが存在します。

フリューゲル用にしては浅めらしい。ビッグバンド系はEM1、コンボならFH-EMという使い分けも出来たりするかもしれない。試してみたいなぁ。




と、悶々と気になっているのなら買ってしまえと注文してみました(^^;)。トランペットステーションのネット販売で新品が税込み¥6,720。(メーカー希望小売価格¥8,400)

中身はずいぶん丁寧な梱包がされているのですね。




箱はフリューゲル用だからか、それともデザインが一新されたのかEM1の箱とは違いますね。(上がEM1、下がFH-EM)





やはり、フリューゲル用は全長短めです。ヘッド自体も短めになっているのですね。EM1に比べてかなり軽く感じます。




FH-EMは一般のフリューゲル用のマウスピースに比べ若干浅めらしいのですが、それでもやはりフリューゲル用、かなり深い。バックのBカップなどより全然深いです。




口に付けた感じは予想に反し、全く同じというふうには感じません。FH-EMのカップ経は16.06mm、EM1は16.02mm。数字ではたかが0.04mmの差なのですが些細なものではない感じです。

ちなみにFH-EMのスロート経は4.40mm。




今回はフリューゲル用のマウスピースをトランペットに装着させることの出来るアダプターも試しに一緒に購入してみました。

Galax TRP-FLGというものでこれだけで2千円もします。うう、これも大人買いです(笑)。このパーツは真鍮製だと思いますがプラスチック製かと思うぐらい軽いです。




FH-EMにGalax TRP-FLGを装着しても全長はトランペット用より短かく、重さも軽いです。

試しに重さを量ってみました。EM1が約94g。FH-EM
は約72g。Galax TRP-FLGを取り付けても84gぐらいでした。




FH-EMをトランペットに装着するとこんな感じです。やはり紙を巻いて付けるより真鍮製のアダプターの方が安定感がありますね。(当たり前かf^^;)

近々サウンドの比較などしてみたいと思います。

DTM環境セット替え

2014 年 02 月 09 日
音楽機材


PCをデュアルモニターにして使うようになって困っていた事がありました。ここに引っ越したばかりの時はPCモニターが一台だけだったのでスピーカーはモニターの両脇に置いていました。

しかし、ディスプレイが2台になるとけっこう幅を取ることになりスピーカー一台が隠れてしまうのです。そうなると左右のバランスが悪くなるのでいちいちモニターをずらしたりしなければなりませんでした。

もう一年ぐらい放ったらかしにしていましたが、さすがにそろそろ何とかしようと思い立ちました。




引越ししたての頃はこのような感じでした。現在はこんなにスッキリしていませんf(^^;)。今回はメタルラックの段の高さを変えてスピーカーの置く場所をモニターの上になるようにすることにしました。

一旦、ラックに置いてある物を全部降ろして高さを調節してから機材を配置し直しました。




それでこのような感じになりました。これでスピーカーで音楽を聴くときにいちいちモニターを動かさなくて良くなりました。\(^o^)/

せっかくなので、ここで使用機材の紹介したいと思います。





下のラックケースに入っているのがメイン音源のYAMAHA MOTIF-RACK(初代)。左上がYAMAHA MU2000。右上のがKORG 05R/Wです。(詳しいことは「所有楽器の間」にて)




使用キーボードです。メイン鍵盤はピアノタッチのKORG SP200。その上にはサブ・キーボードとしてYAMAHA SY99。2段仕様です。SY99の下にDTMモニター用のスピーカーを置いています。SP200の上のはSP200本体のモニター用のミニスピーカー。現在は写真に撮れる状況ではないので引越し直後のキレイな画像で。(^^;)




一番上がMIDIインターフェースのROLAND UM-3G。同時に3台のMIDI楽器の入出力が可能です。

真ん中がオーディオ・インターフェース ROLAND STUDIO-CAPTURE UA-1610です。16入力、10出力と外部音源やギター、ボーカルマイクなどのアナログ入力が多い者にとっては満足の端子数ですね。

下のはパワーアンプ、DENON PMA-390IVというもの。15年ぐらい前に中古で購入したものです。若干温かみのあるサウンド。価格の割には良いものだったのではないでしょうか。出力が2chあるので正面用とキーボード下のモニター用に振り分けています。




スピーカーはB&W社のDM601 S3。なんだか色合いがいいのでカバーは付けないで使っています。




ついでに裏側。配線は大変なことになっています(笑)。

机の上にディスプレイが2台もあるとけっこう作業スペースが狭くなるんですよね。近々ディスプレイのスタンドもなんとかしようかなと思っています。

オルタネイトでリズム

2014 年 02 月 02 日
トランペット奮闘日記


トランペットを吹くときに常々気になっていたのはリズムの取り方でした。

通常、リズムは手拍子したり棒で何かを叩いたり「打」、「叩く」という行為でとるとすんなりできるものです。しかし、「離す」「引く」というときはけっこう混乱しがちになると思います。

トランペットでもピストンを押すときは合わせやすいのですが開放、つまりピストンから指を離すときに結構曖昧になったりするのは自覚していました。

今年に入り、何か解決策はないかと考えていたらようやく気が付きました。ピストンを押した時にはもちろん「トン」と振動がありますが、指を離して戻るときも「トン」となるのです。

そのことを意識すればピストンを押すとき離すときにオルタネイトでリズムを明確にすることができるのです。

そこで意識的に開放でリズムをとるという基礎練習を考えてみました。





題して、「開放でもリズムをつかむ練習」。そんなに早くないテンポできっちり8分音符であったりシャッフルさせてみたりという感じで。

ここで重要なのは、例えば3小節目の2番ピストンを押した状態から指を離すときに開放の「トン」を感じつつソの音を合わせるように出すことです。

今回は分かりやすく説明するために譜面を作ってみましたが普段は何も見ないでやっています。16小節しか載せていませんが、もちろん他の色んな指使いでもやれます。

ピストンの組み合わせは2X2X2=8通りあります。そのそれぞれの後には(8-1)=7通りで繋げられるので全部で8X7=56通りの組み合わせで練習できることになります。
(まあ、全部やるのは大変でしょうけどねf^^;)

けっこう地味な練習ですが、この練習法でトランペットでのリズムの取り方がかなり改善できたと効果を実感しています。

テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽
カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム