[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

VINCENT BACH CORP. 7C

2009 年 10 月 25 日
トランペット奮闘日記


先日、ヤフオクでBach7Cの新品という出品を見つけた。おそらく、トランペットのマウスピースのスタンダードとして世界で一番多く使われているであろうと思われるBach7C。機会があればもう一度試したいとは思っていた。

¥2,500までで落札できなかったら諦めようと思ったら200円ほど手前で落とせてしまった(@o@;)。昨日届きました。




開けてみると、なんと旧刻印の「CORP. 7C」であった(@o@;)。オークションでは旧刻印とは明記しておらず、てっきり新刻印だと思っていたので、けつこう驚く。

早速、口に当ててみると、ん、大きい??




手持ちのBach7E(新刻印)のリムの口当たりは自分には悪くなく、標準的な深さの7Cならどうなのだろうと思っていたのだが、なるほど・・・

以前、MEGATONEの1Cを手に入れたときもこんなことがあった。やはり、新刻印と旧刻印ではリムの形状が違うのだ。

手持ちの新刻印の3C、3D、3Eはリムの形状はほぼ同じ。写真でもCORP.7Cの方がリムが薄く、7Eの方が厚く見えるのは確か。

口当たりはジャルディネリ7Mに似ている気もする。ただ、大きく感じるのにやけに吹きやすい。特に、Cカップであるが高音が出しやすい。

なんというか、感覚的に唇の開きがまん丸に開ける感じというか(実際はどうなっているか分かりませんが)。手持ちのマウスピースでは初めての不思議な新食感。

とりあえずハイ・ミぐらいまでは出せたが深いカップにしては張りを保てている。使い慣れたらもっと出せそうな気もする。確実に高音は7Eよりも出しやすい。

Bachのマウスピースは新刻印より旧刻印の方が人気がある。それは希少価値があるというだけではなく、やはり実際に吹きやすいのかもしれない。

ただ、私にとってはこのCORP.7Cは若干大きいよう。というかリムが薄く、長時間吹いたらバテが起こる予感が・・・どうなのだろう。(-"-;)

もしかしたら、クリフォード・ブラウンやリー・モーガンの時代の17Cや12Cはそんなに小さいわけではないのかも。新刻印の10-1/2Cでさえちょっと大きく感じる私にはもしかしたらちょうどいいのかもしれない。




カタログではバックボアは7EはNo.117バックボアで、7CはNo.10バックボア。どちらも広いが7Eの方がさらに広い。(旧刻印にも当てはまるかは分かりかねますが・・・)




どうやら、旧刻印には年代ごとに”ドット無し”、”ドットと数字の間隔が広い”、”ドットと数字の間隔が狭い”という風に刻印の仕方が違っているようです。

写真の7Cもメガトーン1Cも1980年~1993年製造のようです。(こちらを参照させてもらいました)


う~ん、またコレクションが増えちゃいました。(^^;)


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム