[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

リリカルな練習曲で吹き比べ

2009 年 11 月 25 日
トランペット奮闘日記


おととい、久々にスタジオに行ってきました。気づけば3ヶ月ぶり。もっと頻繁に行きたいのですがねぇ・・・

練習テーマはギリギリのピアニッシモと張り裂けんばかりのフォルテッシモのダイナミックスをリリカルに演奏すること。

マウスピース4本持って吹き比べ録音してきました。

今回の課題曲は、私がリリカルといえば真っ先に思い浮かぶマイルスの名演奏でも有名な「M.F.V.」。

演奏は”ini-T MUSIC SKY BAND”オリジナル・アレンジでお送りします。今回はシンプルにピアノとのデュオです。


課題曲:M.F.V.


Schilke10B4

やはり、中庸なカップで安定性がある。高音の耐久性も上がってきたよう。意外にもジャルディネリ7Mよりダークなサウンド。未だ迷いがあるが安定性とリスク回避を考えれば10A4aよりこちらを使うべきなのかもしれない・・・まだ、様子を見てみないと。


Schilke10A4a

ホントに捨てがたい魅力あるマウスピース。しかし、かなりリスキーなのも事実。やはり、浅いのでピアニッシモは音がかすれやすくなってしまうというデメリットが浮き彫りに(かなり10B4に慣れてきたせいもありますが)。

以前は”かすれ”でリリカルさをカバーしようと思っていたが、”正式”と認識させるレベルに持っていくのはかなり困難であろう・・・


VINCENT BACH CORP. 7C

せっかく入手したので記念に録音。自分には大きいと思えるがこれぐらいの音域なら大丈夫。カップ容量体積が大きくなるとダークになる傾向があるよう。結構ダークなサウンド。この4本の中では一番抵抗が少ないように感じる。


GIARDINELLI 7M

ジャズ用マウスピースの代名詞的、ジャルディネリ。久々に使ってみた。枯れている感じをうまく表現できるであろうジャルデもの。使ってみたいと思いつつ、やっはり今の自分にはちょっと大きい・・・

7番カップと10番カップの中間のサイズがあればいいのに、といつも思う。3番カップと7番カップの間には2つ(5番と6番)もあるのに。やはりそのあたりのサイズの需要が多いということなのか?


使用楽器:XO RV-GB
演奏時間:1分10秒
録音形式:ステレオmp3

録音日:2009年11月23日
演奏:ini-T MUSIC SKY BAND


なんとも反省点ばかりの録音でした・・・

なにぶん、トランペットは音量のダイナミックスが広く、録音にまとめるのにかなり時間がかかってしまいました(汗)。

マイクを近くに置いて録ると張り上げるときオーバーゲインでクリップが入ってしまい、マイクを遠ざけて録ると今度は張り上げのところはうまく録れてもピアニッシモのところがうまく録れない・・・

今回はマイクを2mぐらい離して、張り上げのときマイクへの指向をはずして録音してみました。これぐらいしないといけないぐらいの音量の差。ミックスダウンのときは何とかコンプレッサーをかけ、うまいと思えるところでまとめてみました。
(※個人差があります^^;)

その結果、今回は市民会館のホールの中間ぐらいの席で録音したようなシュミレーションということで。
(笑)

コンプレッサーと言うのは、小さい音を持ち上げたり大きすぎる音を抑えたりと商用的な録音(CDなど)では欠かせない作業なのですよ。

しかし、そうすると今度はギャップを生かした躍動感が削られるのです・・・録音&ミックスダウンは本当にそのバランスをとるのがムズかしい。終わりなき作業と言ってもいいぐらいなのです。(それでちょっと時間がかかってしまいました)

録音を公開していくと決意した以上、トランペットの練習のみにあらず録音の勉強もせねば!日々精進あるのみ!!


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム