[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

さらなる変革期?!

2009 年 12 月 31 日
トランペット奮闘日記


先日、NHK教育で「日本音楽コンクール」というものが放送されていました。たしか、クラシック演奏家の登竜門として毎年やっていているもので”トランペット部門”というのもあったとうろ覚えしていたので参考にしようと録画していたのです。

自分にとってクラシカルは目指す畑ではないのですがクラシカル・トランペット日本一を競う演奏、やっぱり気になります。今日、ようやく観てみました。

やはり、出場者の皆さん上手いですねぇ(@ @;)。正統派クラシカルなサウンドです。ただ、使っている楽器が普通のトランペットとなにか違う??

リードパイプが前に無いし(あるのもあったが短い感じ)、ベルも小さげ。はじめ、ピッコロ・トランペットかなと思ったら、一瞬映った譜面に「in Es」の文字が。なるほど、E♭管トランペットというやつかぁ。このコンクールはE♭管指定だったのでしょうか。

はじめて、E♭管トランペットの音色聞きました。意外にも柔らかい音色。管が短くなると甲高くなるのかなと思っていたら、そうでもない。やっぱり、トランペットっぽい音。

でも、管が短くなれば音程の安定性は難しくなるはず。やっぱり、上級者だから聴かせられる演奏ができるんだろうなぁ。

観ていると、やっぱり皆さん大き目のカップを使っているのだろうと思えた。クラシカル奏者はバックで言うと3C~1Cぐらいのカップを使う人が多い。(知り合いの楽器屋の店員さんは中学からBach5Cを使い続け音楽大学を卒業したそう、参考まで)

私はクラシカルを目指したいわけではないが、なんとなく久々にBach3Cを試してみたくなり箱から出して吹いてみたのです。すると・・・

「え、吹ける・・・の?!」(汗)

たしかに、大きくは感じる。しかし、以前のように大きすぎて無理とか思わない。なんか、吹けそうと感じた。けつこう、驚きなんですけど・・・

Bach3Cもたまに試してはいた。でも、その都度「やっぱり無理」という結論に至っていた。

一応、自分なりに”自分に合うマウスピース”の基準を設けてあります。


1、「コンファメーションを三回ぐらい繰り返し吹いても余力が残っている。

2、そのマウスピースで出せる最高音を出した後も何もなかったように吹ける。


「コンファメーション」、言わずと知れたディジー・ガレスピーと共にビバップの礎を築いた伝説のSAXプレーヤー、チャーリー・パーカーの名曲。

この曲は、音域はそんなに高くないのにすごく大変(汗)。ビバップ・フレーズのお手本&唇の耐久性を鍛えるのにもってこいと練習曲にしています。

長らく、Schilke10A4aだけがこの条件を満たせていました。しかし、「Schilke10B4強化月間」に入りSchilke10B4でもこの基準を満たせるようになったのであります。

他のマウスピースではコンファメーションは半分ぐらいかせいぜい1回ぐらい。最高音を出した後では何かあったかのように出なくなったりする。

Bach3Cも然り。以前はコンファメーションは半分ぐらいでバテてしまい、高音も苦手な有様でした。なのに今は吹くことができる??

もしかして、「Schilke10B4強化月間」が影響しているのか?わかりません・・・でも、なんだかBach3C
に何か今までにない期待感を抱いてしまいました。

これは試してみるしかない!

「Schilke10B4強化月間」から「Bach3C強化期間」に変更してみたいと思います。

あ、あの言い伝えを思い出す。

「一度Bachを使った者は他のものを試してもまたBachに戻ってくる・・・」

本当にそうなってしまうのか!?(((゚ロ゚;)))

年の終わりに意外な急展開。



いつの間にか今年ももう終わりですねぇ。
それでは、よいお年を!!


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム