[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

マイク For Chi-Chi

2010 年 01 月 24 日
トランペット奮闘日記


自宅で音源に合わせて演奏をしようとするときはチーチーソングを付けてマイクから音を拾いミキサーに入れています。

マイクはスタンドに固定しているわけですが、チーチーの音は小さく結構マイクにギリギリに近づいて、なるべく動かないようにしていなくてはいけません。

これだと譜面を見ながら吹くときやちょっと機材をいじろうとするときすぐにマイクからずれてしまったり・・・
それが億劫で普段は滅多にそのような練習はしていませんでした。

しかし、「これからは音源を使った練習をもっとしたい、しなくては!」と思い立ちました。

やっぱり、サイレントブラスは使う気にはなれない・・・そういえばBEST BRASS社でも似た感じの練習用ミュートの”e-BRASS”と言うがあるけどどうなんでしょうね?

試したことはないのですが、以前楽器屋の店員さんが結構良くて自分も使っているとか言ってたのを思いだいました。

しかし、自分としてはやっぱりチーチーを使いたいんですよねぇ。何か消音を一番の目的としているミュートは差し歯に負担がかかるんです。何ででしょうねぇ・・・(-"-;)

ようするに、チーチーの前にマイクを固定できればいい。そういうのも売っているんでしょうが、いいものは結構いいお値段がする。練習用のちょっとしたものなら自宅にあるもので作れそうと感じたのでやってみることに。

チーチーに直接マイクを取り付ければその重さによってミュートが速攻「ポロリもあるよ!」状態に陥るのは容易に想像できる。かと言ってベルに付けるのも抵抗がある。

なるべく、ミュート意外ベルに抵抗を与えないような手に持つピストンバルブあたりからみょ~んと伸びている感じにしたい。

ガラクタBOXを覗いて見ると十数個のイヤホン。何でこんなに・・・(^^;)。その中に耳に引っ掛けるタイプのイヤホンが。これはだいぶ前に100円ショップで数百円で購入した品物。長時間耳に掛けていると痛くなってくるし、密封性がないので音漏れがすごくてほとんど使うことがなかった。




この耳に掛ける部分を長くすれば手元からミュートの前までみょ~んと持ってこれるのでは、とひらめきました☆。

電磁誘導式のマイクロフォン(ダイナミックマイク)とスピーカ-の原理は同じ。スピーカーから音を入力してマイクで聴くこともできるのです。

ちょうど良さげなモノラル端子のリード線もハケーン!100円ショップで購入していた配線カバー(直径6mm)と太目の針金。これで何とかできそう!

まず、半田ゴテで線をはずし、テスターでイヤホンと端子のプラスマイナスを確認。針金とリード線を配線カバーに通す。針金一本では安定性が悪いので二本に増強。そして、モノラル端子リード線に溶接。




それで完成したのがこれです。マイク部は味気ないのでゴージャスにサテンゴールドに塗装してみました。結構、スッキリとまとまりました。




装着するとこんな感じです。ミキサーにつないでみると想像していたよりいい音(@o@;)!いつも使っているマイクよりいい音で安定して拾えます。

このイヤホンは耳穴に差し込むものより直径が大きい。それゆえ中低音をうまく拾ってくれるのでしょう。

ただ、ピストンバルブに取り付けてあるためピストンの押し戻しの振動も大きめに拾ってしまうようです。何か吸震性の高い素材でも挿めばもうちょっと改善できるかも。でも、練習用なら全然問題ないっす。

発見ですが、これを取り付けるだけでまたちょっと吹奏感が変わります(全然問題ないレベルですが)。支柱があるかないかで抵抗がまるで変わるとよく聞きますがきっとそうなんでしょうね。

なにはともあれ、これで自由度を得られストレス無しで音源を使った練習が出来ます!さ~て、練習するべ!!

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム