[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

~トランペット3周年記念企画~「ブルースに挑戦!」

2010 年 03 月 07 日
トランペット奮闘日記


今月でトランペットを始めてから3年経ちました。ホント時の経つのは早いです・・・

アドリブ演奏を探求する者にとって永遠のテーマである”ブルース”。そういえば、まだブルースの録音をしたことがありませんでした。

それで、今月は”トランペット3周年記念企画”としてその”ブルース”にチャレンジしてみようと思います。

”ブルース”、それはアフリカ系アメリカ人が奴隷として過酷で不条理な労働をしいられていた時代、そのやるせなさや悲哀の想いを憂さ晴らしであえて陽気なメロディーに乗せ歌う労働歌という感じで誕生したと言われている。

基本的には、3つのメジャー7thコード(ドミナント・コード)の組み合わせで主に12小節で構成される。その響きは明るく陽気な感じであるが、確個たる理論付けのできない不思議な和音進行。

古典的西洋音楽(クラシカル)理論でもその解明は不可能で、それどころかクラシカル和声学ではその和音進行は禁則ともされている。

これまで理論に熟知した人々がその理論的解釈を試みているが、結局”仮定論”としてと言うかたちでとしか結論付けできていない不思議な和音進行。

しかし、誰しも”ブルース”を聴いて不自然とは思わない。むしろ、そのサウンドに惹かれる人の方が多いだろう。

たった12小節のループなのに、それに乗るアドリブ・フレーズはどれとして同じモノにならない。例え同じフレーズを演奏しても個人の弾き方の癖などで同じ様に聴こえなくなったりもする。

ブルース・フィーリングはジャズだけではなくロック、ポップス等、現在の音楽シーンには欠かせないエッセンスであろう。

私もギターを長年やっていてブルースとの付き合いは長い。しかし、演奏はできても完全に理解しているかと言うとそんなことはない。

ブルースについての教則本は数多出されている。しかし、教則本をいくら読んでもそう簡単に習得できないのもブルース。まさに、アドリブラーにとって永遠のテーマ。

幸い、ギターではそれなりにブルースっぽいことはでる。とりあえず、そのギターでやっていることをトランペットにコンバートできれば・・・

もちろん、そういう練習はいままでやったことがあります。その復習を兼ねて今月は「トランペット3周年記念企画 ブルースに挑戦!!」としてやってみたいと思います。

次回は「ギタリスト”インストラクター・G”のフレーズを真似て演奏してみよう!」を企画しています。


関連リンク

~トランペット3周年記念企画~

・「ブルースに挑戦!」

MORO-F-Blues

F-Jazz Blues

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム