[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

唇しわしわ

2010 年 04 月 11 日
トランペット奮闘日記


Bach3Cを使うようになってから3ヶ月ちょっと経ちました。現在、調子はというと絶好調とはいえない感じです。

じつは、2月下旬に体調不良に陥りそれに付随してトランペットの調子もおかしくなりました。唇がしわしわな感じでミドル・ソすらまともに出せない状態に・・・

二週間ほどで体調は良くなったのですがトランペットの調子はすぐには戻ってくれませんでした。

せっかくの3周年記念月、録音はなんとかしようと調子が戻ることを見越して「ブルースに挑戦!」企画をたてました。

しかし、唇のしわしわ状態は継続中でBach3Cに対し久々にあの「大っきくてムリ」と言う感覚を感じてしまいました。

久々にSchilke10B4を吹いてみたらこちらは以前のようにちょうどいい。録音には10B4を使うべきなのかなどという考えも過ってしまいました。

しかし、あの1月の録音をしたときのあの軽く楽に吹けた感覚は幻ではなかったはず。とにかく、唇の状態さえ良くなればまた再びあの感覚で吹けると信じてBach3Cを使い続けました。

そして、それから一週間ぐらいしてなんとか録音できるぐらいまで回復しました。「大っきくてムリ」と言う感覚は消えましたが、まだ以前のような軽い感覚ではありませんでした。3月の録音ではやはりそのような音がしています。録音とは残酷です・・・

今回のことでトランペッターにとって唇の状態しだいで手も足も出せなくなってしまうのだとトコトン思い知らされました。

Bach3Cはやはり自分には合わないのか?とも考えたりしました。しかし、1月にあの感覚で吹けていたことは事実。何か解決策はあるはず。

きっとこれはマウスピース云々ではなく唇の状態の問題だとは思います。しかし、こんなに不調が続くとは・・・

プロのミュージシャンだって同じ人間、こういう絶不調状態になったりするんでしょうかね?

きっと、演奏技術のレベルの高さだけではなくそれ以前に体調が良くないときでも最低限安定した音を出せる術を身につけているのがプロなのでしょうね。

ギターや鍵盤は体調が悪くても音にさほど影響はないですがトランペットはそれがモロに反映されてしまう本当にシビアな楽器。でも、私的にはそれだからこそ挑戦のしがいがあると感じてしまうのです。


いつの間にか4月に入ってました。いや~今日は晴れですごく暖かく春が来たって感じのような日でしたね~。


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム