[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

Schilke 12A4

2010 年 05 月 09 日
トランペット奮闘日記


今はBach3Cとのシンクロ率がほぼ100%に近いぐらいの好調さで今すぐ他のマウスピースに乗り換えたいとは思わない。

しかしながら、同じハイ・ソでもBach3Cで出すのとSchilke13A4aで出すのでは違う意味合いになる。

例えば、「ルパン三世’80」のトランペット・セクションでは最高音はハイ・ラ(実音High・G)まで必要。あのようなサウンドはBach3Cではキビしいと思われる。

やはり私的にはトランペッターとしてハイ・ラを決められるぐらいになりたいもの。

しかし、現状はどのマウスピースを使ってもハイ・ソ#(実音High・F#)までは出せてもその半音上のハイ・ラとの間に大きな壁を感じる。なかなか当たらない。これはいったい何なのだろう?

私がトランペットでやってみたいことはコンボ系ジャズだけではなく、様々なジャンル。メインBach3Cでちょっとハイトーン用に使い分けられるマッピが必要だろうと感じる。

先日、ヤフオクを見ていたらSchilke12A4が新品同様で定価の半額ぐらいで出品されていた。”a”が付いていないノーマル・バックボア。以前からこのマウスピースは気になっていたもの。

Bach3Cと同じ口当たりで少し浅いカップはシルキーなら13A4a、12A4aあたり。”a”バックボアはタイトになりすぎるので”a”でないノーマル・バックボアなら・・・まさに絶妙なタイミング!

と落札させてもらいました!



Schilke12A4
内径16.71mm


またコレクションが増えちゃった(^^;)。

カタログ上ではSchilke12A4が内径16.71mmでSchilke13A4aが16.76mm。しかし、口にあてた感触はとても0.05mmしか違わないなんてと思うぐらい違う・・・

どうやら13A4aはリムの内側だけではなく外側も削られているよう。どうりで独特な口当たりだったんだ。

12A4は10A4aと同様にフラットリムでエッジが利く感じ。それでなのだろう、13A4aより結構小さく感じる。どちらかと言うと13A4aよりもBach3Cに近いとも思える。

サウンドは意外とワイルドな感じ。覗いて見るとスロート部は”a”と同じ様に長めで、しかしながらバックボアは薄め。なるほど。ワイルドさはやはりバックボアよりスロート直線部の影響が大きいよう。

13A4aは自分的にはどうも長い時間吹いていると何故か音が出なくなってくる現象が起こってしまうがどうやら12A4では心配なさそう。

近々、吹き比べ録音してみようと思います。


カタログ上はBach3Cは16.3mm、Schilke12A4は16.71mm。
それでもBach3Cの方が大きく感じるというのはいったい・・・


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム