[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

トランペット四重奏

2010 年 06 月 20 日
トランペット奮闘日記


常々、多重録音でハーモニーなどやってみたら面白いのではないかと思っておりました。そこで、いよいよ実行してみようとスタジオに行ってまいりました。

課題曲はピアノの教本”BURGMULLER(ブリュクミュラー)”のNo.19 「Ave Maria(アベ マリア)」という曲。ピアノを習ったことのある人ならばこの教本はご存知かと思います。

この教本は”バイエル”を頑張って終了した学習者に、これから突入するであろう入門者には無味乾燥で面白みがまったく感じられない”ツェルニー”などの過酷な課程へ乗り出す前に指導者があたえる束の間のご褒美のようなもの。

私はバイエルは中学生のとき自力で終えていたのでピアノを習い始めたのはこの教本からでした。一曲一曲それぞれ曲名が付いているのですよ。なんかピアノをようやく弾いているんだと実感できてすごくうれしかったのを今でも覚えています。

思い出の教本、とくにこの 「Ave Maria」はお気に入りの曲でした。以前からこの曲は他の楽器で演奏しても面白いのではないかと思っておりました。

そこで記念すべき初「一人ハーモニー」の課題曲としてやってみることに。


課題曲:トランペット四重奏


BURGMULLER No.19 Ave Maria

使用マウスピース:Bach 3C
使用楽器:XO RV-GB
使用マイク:SHURE SM58

録音形式:ステレオmp3
演奏時間:1分16秒
録音日:2010年6月20日

演奏:ini-T MUSIC SKY BAND


原曲はA durですが音域的にC dur(inB♭ではD dur)に移調しました。B(ベー) durの方が都合はいいのですが低音のフレーズを極力崩したくなかったのでこの調に。

楽器の配置は向かって左から1st、3rd、4th、2ndです。この配置にちょっと迷いもあったのですが、金管五重奏でもチューバが右端であったり中央であったり、並び方には明確な決まりがあるわけではなく曲の響きのいいところでいいのだと思います、きっと。

しかし、トランペットのみのアンサンブルには向いてない調ですね、やっぱり(汗)。運指もそうなんですが、倍音の仕組み上この調ではピッチが綺麗に溶けにくい。(技量不足が露呈される・・・)

一応、見やすいように四声に分けてスコアを作って行ったのですが、音が足りない部分などその場の発想で足したりしてます。(やはりピアノの完全コピーとするのはキビしい。^^;)

でも、個人的には新鮮で勉強になりました。私の場合、トランペットはソロ楽器を前提として始めたわけですが、こういうアンサンブルも楽しいですね。癖になりそう。



中央と右の楽譜は今回の録音のために即席でこしらえた譜面。左の楽譜は高校生のとき使っていた教本。いろいろ先生に書き込まれています。あれから、もう20年も経ってしまたのかぁ・・・ああ懐かしい青春時代。


昨日のW杯、オランダ戦惜しかったっすね~。しかし、ブブゼラの鳴り響いている中、ときおり聞こえてくるトランペットで実音ミドル・Fの音。あれはブブゼラで鳴らしているのだろうか?

あれだけ吹いている人がいれば中にはきっとブブゼラの超達人という演奏家もいるかもしれませんな。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム