[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

イメトレ!

2010 年 10 月 03 日
トランペット奮闘日記


私の平日の練習時間は、帰りが夜遅くいろいろ済ませた後に始めるのでせいぜい10~20分ぐらい。さらに帰りが遅い日は吹けないことも多々あります。

でも、トランペットを吹く時間が少なく練習が十分に出来ないなどと悲観はしていません。

その十倍ぐらいの時間、毎日イメージ・トレーニングをしているからです。

半年ほど前にブルース企画を立てたときに、いざアドリブをしようとしたときになにも浮かんでこないというか手がかりがないというような感覚に見舞われました。

もちろん、ブルースのスケールや理論的なことも知っている。ギターや鍵盤だったらそんな風にはならない。要するに、トランペットではブルースの軌跡を描く術を知らなかった。

ブルースやジャズは一つのスケールをあてはめ、適当に動かして済むようなものではない。それらしさを出すには的確に音の軌跡が描けないと手も足も出せない。

そこで思いついた練習法は鍵盤の前に立ち、その鍵盤を目で弾いて音をトランペットで出すということ。この方法だとトランペットでも目で軌跡を描けるのでいい練習になりました。

その練習を続けていくうちに頭の中で鍵盤を弾くとおぼろげにトランペットの運指が同時に浮かんでくるようになってきました。

「これはいいかも!」と鍵盤イメージとトランペットの運指をリンクさせるイメージ・トレーニングを強化的にすることにしました。

とにかく、「トランペットでなにかしらの手がかりが得られるのなら!」。ここは試したみるしかない!

それから、楽器を触れないときは時間があれば頭の中でなにかしらトランペットを吹くようにしています。これなら楽器がなくても練習できます。

早口ことばがうまく言えないとき、口の筋肉や舌が回らないからと思われがちです。でも、そういう場合は実際に口に出さないで頭の中で唱えてみようとしても出来ないものなのです。

楽器でも同じ様に指がうまく動かないのは指の筋肉が弱い云々ではなく頭の中で弾けていないから指に曖昧な命令を出してしまうのではないかと思ってます。

逆に言えば、頭の中で演奏できれば実際にも弾けるはず!(持論で確証はありませぬが)

今では実際に楽器を吹く練習よりイメトレの方が重要なことだと自分的には思っています。2010年6月5日の基礎練メニューも楽器が吹けない時に頭の中で練習しています。(実際に全部やっていたら10~20分ぐらいではすまないっすから。f^^;)

帰宅後、実際に楽器を吹くときはその日のイメトレを確認するために吹くような感じです。

トランペット脳の形成を促進したのはイメトレの効果と言っても過言ではないでしょう。イメトレなら電車の中、仕事の合間、昼休み、布団の中とかぼーっとできる時間があればいつでも出来ますもんね!

とはいいつつ、鼻歌感覚の”Free”の境地にはまだまだ到達出来そうにはありませぬ・・・修行あるのみ!

やっと涼しくなりましたね。今日はちょうどいい気温だった。一年中これぐらいならいいのになぁ。(^^;)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム