[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

抵抗感

2010 年 12 月 11 日
トランペット奮闘日記


今日、なんだか久々にスライド・トランペットを吹いてみたくなって引っ張り出して吹いてみました。

う~ん、やはり抵抗が少なすぎて吹きにくい・・・

私はXO RV-GBを購入してからメイン楽器を他のものに乗り換えようかとか考えたことはありません。

その理由は、この楽器が音色や操作性などすべてにおいて絶対的に他の楽器に勝っている、とか思っている訳ではありません。

他のトランペットを試したくない一番の理由は楽器を吹いたときの”抵抗感の違い”というものがあるからです。

トランペットという楽器にとってこの”抵抗感の違い”
は些細なことではないと思うのです。その抵抗感によって出したい音の高さに必要な息の量とか速さが微妙に違うはず。

おそらくXO RV-GBはBachやYAMAHAに比べたら抵抗は少ない。以前、楽器屋でBach180ML37を吹いているクラシック系の方にこのRV-GBを吹いてもらったら首を振りながら「全然ダメ、これよりバックを使った方がいい」と勧められたことがあった。(ケツコウ、ショッキングナ・・・)

やはり、クラシカルで普段BachやYAMAHAを使っている人がXOのRVを吹いてみると吹奏感もピストンの感覚もまるで違うだろうし、正統派なトランペットらしくないと感じるのかもしれませんね。

BachやYAMAHAを使っている人がXOに乗り換えようとするときそれはけっこう大きなアドベンチャーでしょうな。私ですらYAMAHA-4335Gを使っていたときにXO RV-GBを試奏したときは息の通り具合に大きな違いを感じました(私的には魅力的な違いでした)。

ギターという楽器は材質、ピックアップがシングル・コイルかハムバッカー(シングル・コイルが2つ並んでいるもの)という種類、またその位置次第でかなりサウンドが変わってしまう。曲ごとに音色を変えるため何本も持ち替えたりするプレーヤーも多くいる。

ギターだって楽器ごとにネックの太さや弦のテンションなどにより、けっこう弾いたときの感覚は違ったりする。しかし、曲ごとに持ち替えての演奏はまず可能。

でも、トランペットではリスクを大きくしてまで音色の違いを求めて曲ごとに楽器を変えるプレーヤーは少ないのではと思います。

目隠しをして段差20cmの階段を昇ったり下がったりしていれば最初は歩きにくくてもそのうち慣れてくるでしょう。それが突然段差15cmや25cmにされると感覚が狂って慣れるのにまたしばらくかかる。

トランペットの楽器ごとに感じる抵抗感の差はそれに近いものがあるのではないか?自由に走り回りたいとき、何種類もの段差がある階段よりいつも同じ段差である方が走りやすいに決まっている。

やはり自分的には、これ一本というトランペットを使った方がブレスの感覚、イメージなど楽器とのシンクロ率が高まると思っています。(とくに高音の方)

BachやYAMAHAだけではなくシルキーやモネットなどの楽器を試奏でもさせてもらえばその音に惚れてしまうかもしれない。そして、欲しくなってしまうかもしれない。そして、買ってしまうかもしれない。そして、それがメインの楽器になってしまうかもしれない。

そうすると、きっとXO RV-GBはほとんど吹かなくなってしまうだろうと推測できる。

管楽器というものは手入れが大変。ギターはちょっと弾いたら次のもの弾いて、また違うのを弾いてみたりとやっても手入れといえば触ったところを軽く拭くぐらいでいい。

管楽器はちょっと吹いただけでも、しばらく使わないのであれば管内洗浄してオイルやグリスを塗り直したりポリッシュで磨いたりちゃんと手入れをしておかないと大変なことになってしまう。

実際、手入れするのが億劫でコルネットもスライド・トランペットもポケトラもめったに吹くことはありません。新たにメイン楽器を手にしたらRV-GBもそうなってしまうだろう。(4335に関しては丹念に手入れして仕舞ってから3年半吹いていません。)

私がXOを使い続けているのは、たまたまXOを選んだからです。

しかし、購入するにあたりBachやYAMAHAも試奏した上で何かをXO RV-GBに感じた。けっしてBachやYAMAHAを気に入らなかった訳ではありません。どちらも魅力あるいい音でした。

やっぱり、せっかく惚れて買ったこの楽器を使わなくなってしまうのがもったいない。ここまでトランペットを続けてこれたのはこの楽器のおかげだと思っています。(だってピストンの押し心地が気持ちいいんだもん*^^*

ですので、今のところは迷いなくこのRV-GBを使い続ける所存です。

と言いつつ、先日リサイクルショップでYAMAHAのXenoの初代モデルというやつが4万円で売られているのを見つけてつい気になってしまった自分です。(^^;)



購入当時のXO RV-GB
う~ん、ピッカピカの一年生!

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム