[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

やっぱり、最も適したリム形状なのかも

2011 年 01 月 23 日
トランペット奮闘日記


Bach3Cに戻してから調子は好調です。(やっぱりBach3Cだと差し歯は気になりません、笑)

”なんちゃてダブルハイ・ド”もこのマウスピースでないと出来ません。しかも、以前のように変なアンブッシュアを作らなくとも通常のアンブッシュアで出せるようになりました。

(もちろん、百発百中と言うわけではなく使える音ではありません。でも、もう少し研究すればファルセット的に音階も使える気もしないでもありません。)

やはり、自分の唇にはBach3Cのリム形状が最も適しているのかもしれません。

日によって小さく感じたり大きく感じたりと主観的な感覚は違ったりする。でも、それは音域音色、持久性などにはまず影響しない。

自分の場合、調子が悪く音域音色など変わってしまうのはマウスピースではなく唇の表面の状態しだいと結論付けできています。常にフヤケ・コントロールは欠かせません。

※「フヤケ・コントロール」:演奏に支障をきたさないように唇の表面にある”ふやけ”を除去する作業。「リップ・サーフィス・コントロール」と言うよりこちらの方が解りやすい表現だったかもしれませんね。

Bach3Cに感じた”クッション”と言う感覚。この感覚のおかげで唇を柔軟に使うことができ、安定性がぐっと増しました。1オクターブぐらい跳躍した音程も狙いを外すことはほとんどないぐらいのシンクロ感です。

もう、リム形状に関しては他のマウスピースを探す必要もないのかも知れません。ただ、Bach3Cの音色と吹奏感に完全に満足しているかと言えば、そういう訳ではないのです・・・(う~ん、おねだりさんf^^;)

改造を試してみる目的でBach3Cの2本目を手に入れたのですが、未だやってません・・・なかなか踏ん切りが付きませんねぇ。

やっぱり、自分でやるよりオーダーメイドと言うかたちでプロの職人さんに頼んだ方がいいでしょうな。(当たり前だのクラッカー^^;)

そうすれば、Bach3Cのリムを切り取って他のマウスピースに付け替えられるようにするとか可能にしてもらえるかもしれません。

しかし、オーダーメイドとなると敷居がすごく高くなってしまう感じがしますねぇ・・・でも、他のマウスピースを探すより確実に理想に近づけるでしょうな。


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム