[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

VINCENT BACH 3CFL

2011 年 02 月 07 日
トランペット奮闘日記


先日、ヤフオクでBach3CFLが出品されていました。

これはフリューゲル用のマウスピースであるので深いカップのはず。しかも、何と言ってもBach3Cと同じリム形状である可能性が高い。

即決価格は¥2,500。このマウスピースならすぐこの価格に達してしまうだろう。あまりオークションでは見かけないこのマウスピース、この機を逃すわけにはいかない。

「おいおい、また買うのか?」

心のブレーキがそう問いかけてくる。

「オフコース!」

と、即決で落札させてもらいました(^^;)。フリューゲルはまだ持っていませんが、この価格なら試しに買ってみる価値大ありでしょう。

意外にもネットでもこのマウスピースについての詳しい情報が見つけられませんでした。ならば、わたくしが自分なりのレポートをしてみようと思いまっする。



VINCENT BACH 3CFL

刻印は”VINCENT BACH 3CFL”、現行モデルのようで一安心。(笑)




お顔はトランペット用に比べ、細っそりしています。




カップはやっぱり深い。Bカップどころではない。さすがフリューゲル用。

3CFLを眺めた後に3Cを見ると、思っているより浅めのマウスピースなんだと気づきました。だから明るいサウンドなのかもしれないですね。

でも、これでも自分的には深めのカップです。




気になるリム形状は似ているのですがまったく同じではないようです。画像では判りにくいのですが見た目では3Cの方が明らかにフラットで厚めに見えます。

3CFLは3Cに比べると丸みを帯びているよう。リム幅は視覚的に細く見えます。

どうやら、3Cより3B、3D、3Fに近いのかもしれません。どうしてバックはリム形状を統一してくれないのでしょうねぇぇ。

しかし、3B、3D、3Fではしばらく吹いていると演奏不能状態に陥ってしまうのですが3CFLではそうはならないような感じ。やはり3Cに近いのか?

う~ん、よくわかりません(-"-;)。でも、併用は可能かもしれませんね。




スロート径は#22の3.99mmのようです。やっぱり、トランペット用の3.66mmよりは太めです。でも、思ったいたより広くないですね。

画像でもわかると思いますがSchilke9F4はバカ広い。4.3mmのYAMAHA7D4dよりも広く見えるということは5mm以上あるのかもしれませんね。(@@;)




Schilke9F4と比べると3CFLの方が若干長いのがわかります。そして、3CFLの方が若干細い。

ノギスでシャンク痕の太さを測ってみると0.5mmぐらい細い。トランペットに付けて吹いてみようとセロハンテープを巻いてみてもかなり巻かないといけないようなので断念。

Schilke9F4は2巻きぐらいで済むのに。0.5mmとは思った以上のギャップがありますね。フリューゲルというのはものによってシャンクのサイズも思っている以上に違うこともあると言うことなのでしょうか?

とりあえず、紙で巻けば演奏はできます。


ええと、ここで訂正とお詫びをしておかなければなりません。

わたくし、今までマウスピースのカップからバックボアへとつながる部分を「ストロー」と記載していましたが
正しくは「スロート」でした。

てっきり「細い管」という意味で”ストロー(straw)”だと思い込んでいました。「喉」の”スロート(throat)”
だったのですねぇ。

気が付いたとき思わず「アハ体験」をしてしまいました(笑)。だって、字面が似てません?誰だって勘違いしますよねぇ。(やっぱ、わたしだけか・・・f^^;)

いや~、トランペットを始めてからもうじき4年経つと言うのに今日までぜんぜん気が付きませんでした。笑って許してください。

当日記の該当部は修正させていただきました。申し訳ありませんでした。m(_ _)m



3CFLの箱は思っていたより大きめでちょっと焦りました。(笑)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム