[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

まいっちんぐ

2012 年 01 月 31 日
トランペット奮闘日記


1月28日の「鍵盤によるトランペットとピアノDuoアドリブ in Gm」の録音ですがミックスダウンした後どうしても納得できないトラブルが起こっていました。

(ミックスダウン:録音した各パート・トラックを音量調節、エフェクトなどの処理をして混ぜて一つにしてステレオ再生機で聴けるように出来るようにする作業。)

音量を小さめで演奏していたところがフォルテになってしまっていたり、逆にフォルテのところは音色が潰れて小さくなってしまっていたり、なんでもないところがいきなり音量がでかくなったり。意図しないところで音量、音質が変化してしまっていたのです。

どうやら音質が良いといつも使っていたシーケンサーのリバーブがコンプレッサーのような働きもしてしまっていたと判明しました。こんなこと初めてで原因が良くわかりません。

演奏者的には音量を張り上げたあと控えめに抑えてしめるというエクスプレッションを機械的に逆にされてしまうとなんだか不本意を感じてしまうのです。

それは「上手い下手」関係なしにそのとき意図しようとした私の演奏ではなくなるわけです。

大変申し訳ありませんがその日の録音をリバーブを違うものに替え改めてミックスダウンやり直して差し替えさせてもらいました。(何度もすみません)

演奏データは28日そのままで、リバーブだけを替えただけです。今回はようやくその日の意図のままと言えるものになりました。

録音だけではなくミックスダウン作業もまだまだ勉強すること多々大ありですな(- -)。

(「まいっちんぐ」、この言葉を知っているかどうかで世代のラインを引けそうですな(^^;)。オヤジギャグ愛好家にはなくてはならないフレーズ、死語にならないこと願いマッスル。)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム