[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

反省会

2012 年 02 月 19 日
トランペット奮闘日記


では、先週の録音の反省会をしたいと思います。(笑)

わたくし、普段はチーチーを付けて練習していますがデニスウィックのアジャスタブル・カップ・ミュートを付けて吹いたとき、その息抜けの抵抗感がチーチーに比べ全然少なくかなり戸惑ってしまいました。

そういえば去年はスタジオに一度も行かず、すっかり”チーチーの人”となってしまっていると自覚しました・・・

チーチーでは高音息でもビブラートをかけられるのですが息抜けのいいアジャスタブル・カップ・ミュートではちょっとそんな余裕がありませんでした。(汗)

しかも、曲がスローテンポで比較的高音域を使う曲はやはりシビアです、残酷です(笑)。練習不足をもろ露呈してしまってますねf(^^;)。

もう少し時間をかければもうちょっとましになったかもしれませんが近所迷惑かもと早々と終了しました。(ここは鉄筋コンクリートの建物で窓を閉めていれば下の部屋の赤ちゃんの夜泣きすらまったく聞こえてこないので大丈夫だとは思いますが)

いつも悪い癖だとは思っているのですが、こういう録音をするときってそんなに練習しないでいきなり録音を始めてしまうのです。録音をしながら練習もしているというのが正しい言い方かもしれません。それで何テイクもかかってしまうのです。

何か企画を思いつくとその気分の盛り上がりが冷めないうちにやってみたくなるのですよ。

この日記の録音では企画してから限られた時間内で録音をし、どれだけ完成度の高い演奏ができるかがテーマなのです。

いつか、このスタイルで完璧な演奏が出来たならそれは頂が近いと言うことかもしれませんね。(まだまだほど遠し・・・-"-)

反省点も多々ありましたが、自分的には音色的に良かったと思える部分もありました。ストイックにネガティブに考えず、良かった部分をポジティブに考えましょう!(自分で言うか^^;)

それと、後日気付きましたが耳コピーした譜面の9小節目はてっきりオブリガードかと思っていたものが主旋律だったかもしれません。(まいっちんぐ)

先週の録音はトランペットでニ胡っぽいアプローチを試みると言うことだったので改めて録り直しはいたしませんが、ご了承ください。m(_ _)m



ニ胡とデニスウィックのアジャスタブル・カップ・ミュートとの2ショット。

なぜか私はニ胡を持っていたりします。チェン・ミンさんの演奏を聴いてけっこう興味を持っていました。ニ胡の音色もけっこう好きなのです。

何年前だったか忘れましたが楽器屋さんで「手作りニ胡キット」と言うのものが2千いくらかぐらいで売っていたので試しに買ってみたのです。

制作するときに何かの動物の皮を煮て胴体に貼り付けるのですがそのとき驚くほどの強烈な獣の匂いが
・・・?!(((゚ロ゚;)))

そんな思いをしてまで完成させたのですが音が結構大きく近所迷惑を考え練習できず今ではただのインテリア化してしまっています(笑)。ちなみに弓は2本の弦の間に通して演奏します。

このミュートの音がニ胡と似ているとか思うのは私だけだったでしょうかね。f(^^;)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム