[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

YAMAHA ALLEN VIZZUTTI

2012 年 05 月 21 日
トランペット奮闘日記


先日は、久々にマウスピースの試奏をさせてもらいました。YAMAHA EM2とBOBBY SHEW-JAZZは以前からその存在を知っていて一度は興味を持ったものでした。

すっかりBACH3C慣れた今、これ以上自分に合うマウスピースはもうないのだと思っていたので試奏させてもらうのもためらいましたが、やはり試してみないとわからないと思いお願いさせてもらったのです。

YAMAHA ALLEN VIZZUTTI(アレン・ヴィズッティ)と言うマウスピースの存在はそれまで知りませんでした。名前からしていずこかの有名な管弦楽団の主席トランペット奏者のクラシカル系モデルなのだろうと勝手な先入観で手にも取らず帰って来ました。

でも、ちょっと気になりネットで検索してみるとクラシカル奏者でもあるがあのチック・コリアなどのバンドでジャズも演奏したりもするマルチプレーヤーだそう。

You Tubeで演奏動画を見つけ聴いてみる。ぬお~、めっちゃ超絶的技巧な速弾きプレイ(@o@;)!しかも、かなり高い音域も吹きこなしている。

「Ohh、いとあらまほしきことなりや!!」

聴いてみた2曲はクラシック調のピアノとのデュオでしたがどちらもKeyはF dur(実音Es dur)。ハイ・ファでキメているのはもちろん、ダブル・ハイ・ドまでフレーズに使ったりしている。

新たなるこのマウスピースの存在に、かなり久々に興味を惹かれてしまいました。内径は16.67mm、Bach3Cに近いと感じる。

しかし、カップの深さはバックで言うFカップに近いらしい。中古で¥4,200は安い買い物ではない。そこまで浅いカップに期待をよせてしまっていいのか?

しかし、一度興味を持ってしまうと試してみない限りその興味は払拭されない。悶々と一週間ほど考え、「やはり行くしかない!」と、愛器を抱え本日その楽器屋さんに行ってまいりました。

YAMAHA ALLEN VIZZUTTIと、確かめてみたら内径16.85mmとこれまたBach3Cと同じぐらいだったと知ったBOBBY SHEW-JAZZを改めて試奏させてもらうことに。

さて、YAMAHA ALLEN VIZZUTTI・・・自分の中で常識が覆るほどの衝撃が・・・

「めっさ、吹きやすい~っ!」(@o@;)

だってこのカップ、シルキーのAカップに近いぐらいの浅さなのに吹奏感はバックのCカップぐらいの安定感を感じる。

やはり、浅いカップだけあって高音はすこぶる出しやすいが、そのサウンドはキンキンしてない。もちろん明るくパリパリはしているが、ふっくら感すら感じる。何故??

そして、YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ。前回は何の準備もしないままお店のYTR-4335GSを借りて試奏させてもらいました。やっぱり、自分のいつも使っている楽器で吹かせてもらうと全く違う印象・・・

「おお、こっちも吹きやすい!」(@o@;)

YAMAHA ALLEN VIZZUTTIとはまた方向性が違うが自分の中では試す価値ありと直感しました。(やはり、試奏するときは自分がいつも使っている楽器でないとまったく意味が無いと痛感しました。)

で、2本とも買ってしましました。(笑)

経験上、マウスピースは何日か吹いてみないと結果はわからないのです。この2本、買って試す価値は大ありと思いました。




YAMAHA ALLEN VIZZUTTIはリムが金メッキ。定価は13,650円らしいです。(((゚ロ゚;)))

YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZは全体が金メッキ
。おお、神々しい。拝みたい気分ですね(笑)。こちらも中古で¥4,200。合計¥8,400。これも大人買いっす。いや、これは自分のための投資(そう、それはプライスレス^^;)。

それだけの投資の価値はありと思えました。(どちらの新品の1本分にも満たないお値段で2本手に入ったとお得と思えば、ねっ!テヘペロ!(^u^;))




ALLEN VIZZUTTIの方はボア内側も金メッキと気づきました。なんて高級な仕様。2本ともバックボアはノーマルのよう。スロートはどちらも直線ではなく、すぐ開いているようです。(ちなみに、SHEWの方は内側まで金メッキはされて無いようです)




ALLEN VIZZUTTIは1mmあるかないかぐらいですがEM1よりカップが浅さいようです。

ちなみに、BOBBY SHEW-JAZZはBach3Cより1mmぐらい浅いような感じです。




こうして並べてみるとALLEN VIZZUTTIのスロート経が他に比べ狭いように見えます。(カタログ上、スロート経3.56mm)

本日より、”YAMAHA ALLEN VIZZUTTI”強化月間開始してみたいと思います。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム