[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

奇跡の天体ショー!?

2012 年 05 月 28 日
トランペット奮闘日記


ちょうど一週間前でしたね、金環日食。実際にご覧になった方も多いのではと思います。私はテレビで観てました。

関東圏で観測できるのは173年ぶりだというのに曇模様で太陽が出たり隠れたりで見れるのか見れないのかとハラハラ・ドキドキの演出でしたね。(^^;)

”金環日食”、この言葉の響きを聞くと金管楽器をやっている者としてはどうも別なものをイメージしてしまうのですのよね。

そこでイメージを具現化してみました。


金管日食


宇宙空間を漂う金管楽器に形状がひじょうに似ている巨大な彗星が太陽と重なるとき起こる奇跡の天体ショー!

その名も「金管日食!!」(笑)

今回はトランペット型でしたが、次は200年後にホルン型が観測できるそうです。(^^;)


と、冗談はさておきトランペットの近況です。一言で言って絶不調状態です・・・

はじめ好調だったYAMAHA ALLEN VIZZUTTIは日に日に音が出にくくなり、BOBBY SHEW-JAZZを試したところすこぶる吹きやすかったのに昨日から突然調子がおかしくなってしまいました。

現在、Bach3Cも含め何を使おうがミドル・ラ以上は鳴らし方を忘れてしまったような状態です・・・

これは、明らかに新たなマッピ筋形成の過渡期によるスランプと思えます。吹くとき、いつもと違う筋スジを使っている感覚があります。Bach3Cに移行するときもそういえばこのようなスランプ期がありました。

ただ、こんな状態でもYAMAHAの2本ではハイ・ソやなんちゃってダブル・ハイ・ドはかなり当たりやすいのです。だけど、なんだかハイ・ド近辺がとても鳴らしにくい。うまく唇が振動してくれない・・・

Bach3Cの時のようにしばらくすれば調子が上がってくるのか、Schilke6A4aの時のように撤退せねばならないのか・・・

しかし、あの試奏時にYAMAHAの2本に吹きやすさを感じたのは確か。まだ一週間、結果を決めるのには早いと思うのでもう少し試行錯誤してみます。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム