[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

ドライバーの再構築

2012 年 07 月 10 日
トランペット奮闘日記


5月21日、VIZZUTTIモデルマウスピースとBOBBY SHEW-JAZZの2本を試奏したとき感じたこと。

VIZZUTTIモデルにはワイルドなサウンドと超高音と今まで試したことのない口当たりという未知なるマウスピースへの期待感を大いにいだきました。

そしてその時、YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZで感じたのは以前Schilke10B4からBach3Cを試した時感じたあの”クッション”という感覚でした。

とにかく、柔らかくてクッションどころではなく、ぶにゅぶにゅのスライムに口を突っ込んでいるぐらいの感覚でした。(笑)

そして、音色はBach3Cの華やかさに比べ落ち着いていて”JAZZ”と刻印されているがシンフォニーでハーモニーもBach3Cより向いているのではないかと思えました。

吹奏感も息抜けがBach3Cより余裕がある感じでした。とにかく音質、吹奏感はBach3Cより自分好みでした。

そして、BOBBY SHEW-JAZZを吹いた後にBach 3Cを試してみると「え、吹きにくい・・・?」。なんだか
、”小さい”、”窮屈”というワードが浮かんでしまったのです。

Bach3Cはもう2年以上も吹きやすいと使い続けてきました。きっと、このマウスピースのリム形状こそ自分に適していると思っていました。それがたった数分の試奏で覆されてしまったのです。

Bach3Cより可能性を感じさせてくれるマウスピースが突然2本も私の目の前に現れたのでした。これは本当に衝撃的なことでした。とにかく、「Bach3Cではなく、この2本のうちどちらかを使うことになるだろう」と思えました。

しかし、VIZZUTTIモデルは次第に自分では扱えないと判断せざるを得なくなりました。

BOBBY SHEW-JAZZは調子がいい時と悪いときがある。しかし、それは絶望感を抱いて諦めるような要因にはならない感じ。なんだか、Bach3Cにはない可能性を感じているのです。

そして、約一ヶ月間ほど使い続け、ようやくここ一週間日ぐらいで安定感を感じつつ吹けるようになってきました。

それは、唇にマウスピースをあてるときの”イメージの書き換え”という作業が必要だったのです。

”先端フック”、これはSchilke10A4aやBach3Cを吹くときにイメージしていたものを、先日の記事で文字でに表してみたものです。

「お~、我ながらうまい表現!」だと思いました。(曖昧な事象には名前を与えてみると明確なビジョンになり活用時の効率が上がると考えています)

”先端フック”とはマウスピースを唇にセットする際、「まず、上唇の先端をマウスピースのエッジに固定する」というようなイメージです。(エッジのどの辺かはこれまたはっきり説明できませんがf^^;)

なぜ、BOBBY SHEW-JAZZでは調子がいい時と悪いときがあるのかと考えつつ吹いてみると、上唇の先端のみを意識的にマウスピースのエッジに固定するときに調子が悪くなると判りました。

BOBBY SHEW-JAZZはBach3Cに比べたらリムは丸めで薄い形状。このマウスピースで”先端フック”のイメージで吹こうとすると、どうやらマウスピースがめり込み過ぎて唇の振動を抑えてしまうようなのです。

Bach3Cはリム形状がフラットで広いタイプ。押し付けてもそこまで喰い込まない。”先端フック”とはこのような形状でうまくいくイメージだったのです。

PCに何か拡張機(ハード)を取り付けるときそれを扱うドライバーをインストールしなくてはいけないですよね。要するに、今までBach3C用のドライバーの”先端フック”ではBOBBY SHEW-JAZZではコントロールが難しく、新たにドライバーを再構築しなくてはならなかったのです。

そして、2週間前にはドライバーの適合率は50%ぐらいだったのに、ようやく90%ぐらいになった感じです。(しかし、残り10%が今後の課題・・・)

現在、BOBBY SHEW-JAZZを吹くとき心がけているのは「唇を厚く使う&リム内側を強く感じる」というイメージです(現時点で)。

長らく「丸いリムはムリ」、そう結論付けていた私ですがBOBBY SHEW-JAZZでは使いこなせそうな感じが湧いて来ました。

「もしや、これは変革期ではないのか?さらなる大口径マウスピースが扱えるようになったのでは!?」

と、Bach3B、1-1/2C、1Cを箱から出して久々吹いてみたら、やっぱり以前通り私には演奏不可能のようです・・・かなり久々にYAMAHA18B4NJも試してみたら、デカすぎる・・・今の自分には絶対ムリですね。f(^^;)

おそらく、BOBBY SHEW-JAZZは自分で扱えるカップの大きすぎるのかちょうどいいのかのギリギリの絶妙なラインなのかもしれないと考えています。

BOBBY SHEW-JAZZではまだBach3Cより日による波はかなり荒い。しかしながら、実質一ヶ月間このマウスピースしか使っていない。

まだまだ、BOBBY SHEW-JAZZ強化月間は続くのであった。


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム