[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

戻りつつはある、が・・・

2012 年 11 月 18 日
トランペット奮闘日記


経験上、不調の原因は最初の段階で口の筋肉、いわゆるマッピ筋がすっかり落ちてしまっていることと、唇の表面が硬くなっているということだとは推測できてました。

マッピ筋を意識して、ただBOBBY SHEW-JAZZを吹くのみ。吹いていると日が経つにつれて唇の厚くなった角質もボロボロ取れやすくなってきました。すかさずリップ・サーフィス・コントロール。

トランペットの練習を再開して4日目ぐらいからすこぶる調子が良くなりました。ハイ・ソも成功率は低いが決められるようにはなりました。

しかし、なにかが違う気が・・・

上手く鳴らせる時と鳴らせないときのギャップがすごい。安定性を感じられないというのか。あと、なんだかバテやすくなってしまったような。

マッピ筋の形成には最低でも2~3週間ぐらいは必要と認識してます。もう少し時間が必要なのかもしれません。

よく考えれば関東の温かい所からいきなり気温の低い所へ生活の場を変えたのです。ちなみに、ここの明日の最低気温は-1℃だそうですよ。(((゚ロ゚;)))

季節はもう冬。そう、リップリード演奏者には大敵な乾燥の季節なのです。

そういえば、BOBBY SHEW-JAZZを使い始めて迎える初めての冬。季節の影響も関係あるのか?

今日、ついBach3Cを引き出して吹いてみたら安定感は相変わらずなのですよね。しかし、高音はピュンピュンとはいきそうもありません。

普通に吹けていたと思っていたのに、ある日突然崖から叩き落されたぐらいのスランプが襲ってきたりする。トランペットとはつくづく運指以前のところで本当に難しい楽器だと思わされますな。(-"-;)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム