[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

京都に行きたくなる曲

2012 年 11 月 23 日
トランペット奮闘日記


YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZでのスランプの様な現象は未だに続いております。それでも先日ほどではないのです。

もうすっかり脱出できたかぐらいに調子よく吹けたと思ってまた吹いてみると嘘のように音が出にくくなってたり。ハイ・ソまで出せたと思ったらミドル・ラすらもキツかったり・・・

何か久々にトランペットに対しての挫折感のようなものが日に日にじわじわと大きさを増してきている感覚がある・・・

「トランペットは難しすぎる・・・」
「やっぱり向いていなかった・・・」

「いや、ダメだ!ここでモチベーションを下げたらもう
トランペットを触れなくなる気がする・・・」

「何か楽しいことを考えよう!」
「旅にでも出ようか?よーし自分探しの旅に出よう!
どこにする?」

「そうだ 京都、行こう。」

ムチャぶりini-T小劇場。(^^;)

ジャズをやりたい者にとって、いつかは挑戦してみたかった曲。「My Favorite Things」。JR東海のCMでお馴染みですよね。

日本人はこの曲を聞くと何故か京都に行きたくなるのです(笑)。もともとはミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の劇中歌だったようです。

でも、私としてはジョン・コルトレーンのモード・ジャズの代名詞的なナンバーというイメージが強いです。
(じつは「サウンド・オブ・ミュージック」を観たことがないので原曲を知りませんf^^;)

新居でそろそろ初録音でもしたいと思っていたのですが調子が安定しない。やりたいことがあっても唇次第。この先の見えないスランプが治まるのを待っていたらいつ録れるかわからない。

そこでBach3C。こんな状態でもこのマウスピースは安定感がある。あんまり吹いてなくても吹ける。なんでだろう。

とにかく、無性にジャズリたい気分。そこで、モチベーションを上げるために久々にこのマウスピースで録音を試みてみました!





伴奏はジャズ・ギターの教則本付属のカラオケです。う~ん、伴奏だけでもかっこいいっすねー。(私の演奏を聴いて京都に行きたくなくなったとか言わんでくださいね。^^;)

さて、解説です。この曲は3拍子、いわゆるジャズ・ワルツ。曲の構成は、前奏→テーマ→アドリブ1→テーマ→アドリブ2→テーマ→エンディングという感じ。

この曲の各アドリブ部はワン・コードのみ。モード・スケールを一つだけ使って展開していきます。

テーマ部の調は実音でE minorですのでinB♭ではF#minorで調号は#が3つ。

アドリブ1はF#m7のワン・コードだけで32小節演奏します。この時使うスケールはF#ドリアン。#が4つ付きます。(実音だとEm7でEドリアン)

アドリブ2はF#maj7のワン・コードだけで32小節演奏します。スケールはF#イオニアン。ようするにF#メジャー・スケール。調号はなんと#が6つ。(実音だとEmaj7でEイオニアン)

ワン・コードで一つのスケールしか使わなくてもいいから簡単、とはいきません。簡単そうで難しいのですよ。とりあえずはコード・トーンをガイドにしてラインを引いて行く感じでしょうか。

なんせ普段あまり使わないキーでのアドリブですから悪戦苦闘しまくり(笑)。テクニックよりアヴァンギャルドさで攻めてみました。(言い訳かf^^;)

アドリブ2の所では途中でやることを見失いとりあえず高音の出せるところまで行ってみようとハイ・ド#まで登ったらこれ以上はムリと判断してそそくさと降りて参りました。(笑)

ただ、エンディングのアドリブはとりあえずミドル・ラへ跳躍して後は適当にとやってみたら見事にハマってくれて吹いてて気持ちよかったです。(*^^*)

この曲だってトランペットを始めた頃にチャレンジしてみたことがありましたがアドリブなど手も足も出せませんでした。それが多少は出来るようになった。それだけでもモチベーションは上がります。

やはりBach3Cは無難だなぁ。このままBach3Cに戻るべきか(言い換えればBachにBackするべきか)。いや、まだすぐに答えは出せない。

ちなみに、今週初雪が降ってました。ここの冬は雪が積もるようです。どうなることやら。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム