[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

反省会を兼ねて

2012 年 12 月 30 日
トランペット奮闘日記


じつは、Bach3Cに戻してから何日かぶりにBOBBY SHEW-JAZZを吹いてみたら時折、まるで吹き方を思い出したかのように好調に吹けることもありました。

せっかくなので、同じ日に「見よ 勇者は帰る」を録音していました。一応、対比のために公開しておきたいと思います。


課題曲


「見よ 勇者は帰る」~トランペット・コンチェルト版~


使用楽器:XO RV-GB
使用マウスピース:YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ

使用マイク:SHURE SM57

演奏時間:1分23秒
録音日:2012年12月23日


久々にミュートを外しての録音でした。さすがに自宅ではその状態で長時間吹けないのでミュートを着けて練習してから本番だけ外して吹きました。

やはり、ミュートがある時とない時では抵抗感が全然違いますね。Bach3Cではミドル音域になると音が結構プルリ易くなってしまいます。

(※プルリ:音がプルプルしてしまう現象)

でも、BOBBY SHEW-JAZZではプルリは起きにくい。これは、マウスピース自体の抵抗感がBach3Cの方が少なく、BOBBY SHEW-JAZZでは大きいからなのでしょう。

要因はスロート径とバックボア形状なのでしょう。サウンドと吹奏感はBOBBY SHEW-JAZZの方が好みなのですが、おそらく自分の唇に適したリム形状なのはBach3Cの方。

時折、絶好調が甦るBOBBY SHEW-JAZZ。安定感のあるBach3C。すっかりBACHにBACKする気でいたのにまた迷いが・・・

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム