[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

YAMAHA BOBBY SHEW-LEAD

2013 年 01 月 27 日
トランペット奮闘日記


YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZを使っている者にとって必然と興味を持ってしまうであろうマウスピースが存在する。

そう、その名はYAMAHA BOBBY SHEW-LEAD。

ボビー・シュー氏がビッグバンドでハイトーンをバリバリ鳴らす時に使っている高音域を出すために特化させたマウスピース。

先日、久々にネットで中古ものを見て回っていたら¥3,980で売りだされているのを見つけてしまいました。このマウスピースのことだからすぐに売れてしまうと思えました。

確か、カップサイズは若干違っていたはず。しかし、ボビー・シュー氏は何か考えがあってそうしたに違いない。もしかして、私にも使いこなせる可能性もある。

ここはひとつ試しに購入してみることにしました。


YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ & LEAD

「ini-Tよ、お前が川に落としたのは金のBOBBY SHEWか?
それとも銀のBOBBY SHEWか?」


「どっちもです!!」

 (ini-T童話集より^^;)


BOBBY SHEW-LEADはシルバープレート。シャンク傷も無いまさに新品状態。リム内径は16.54㎜、スロート径が3.56㎜。

BOBBY SHEW-JAZZの方はリム内径が16.85㎜でスロート径が3.65㎜。 LEADの方がカップ内径とスロート径ともに若干狭いようです。

バックボアはどちらも直線ではなくすぐ開いていますが、内部はBachのNo.10より肉厚な感じです。それで若干抵抗感が強く感じるのかもしれません。



シャローカップ選手権大会

しっかし、カップはかなり浅いようです。手持ちの代表的なシャローカップのものと比べてみました。さあ、シャローカップ選手権大会の開催です!

お~と、YAMAHA BOBBY SHEW-LEADが一番浅いようです。その次にSchilke13A4aが浅いか~?3番手にはALLEN VIZZUTTIが追随します!
なんちゃって。(^u^;)

こう見るとEM1はめちゃくちゃ浅いカップではないですがエリック宮城氏はこのマウスピースでダブル・ハイC以上のハイノートを決められるんですよね。

マウスピースの加工段階でこうすれば自分なりにハイノートを決められやすいと考えられるのもプロのハイノート・ヒッターの資質なのでしょうな。

さて、BOBBY SHEW-LEADを吹いてみた感想ですが・・・やはりまるで全く違うマウスピースのよう。本当にボビー・シュー氏はこの2本を同時に使いこなしているのだろうか??

今のところ、私にはJAZZと同じアンブッシュでは鳴らせない気が。もうちょっと時間が必要なのかもしれません。もう少し様子を見たしです。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム