[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

季節の変わり目

2013 年 03 月 17 日
トランペット奮闘日記


数日前、東京では最高気温が28℃ぐらいまで上がったそうですね。桜も開花したとか。千葉も、もう暖かいんでしょうなぁ。

こちらでは、今日は最高気温が10℃ぐらいにまで上がりすごく暖かく感じます。千葉にいた頃は10℃ぐらいだとすごく寒く感じていたのですが慣れとはすごいですね。

なんだか春が近づいてきたと感じます。ようやく、雪から開放されます。

でも、最近はトランペットの調子はなんだか好調とは言えません。なんだか季節の変わり目にはこんな状況になることが多い気が。

唇がしわしわ、ボロボロな感じなのですよね。そうすると、マウスピースを当てた感触もなんだか以前と違う感覚。

ある日出来ていたことが、唇のコンディション次第で翌日出来なくなったりする。う~ん、トランペット特有の難しさですなぁ。(-"-;)

よく、「トランペットに向いている唇は厚めか?薄めか?」という疑問を見かけたりしますが、私的には厚さではなくコンディションが安定している唇だと思ってしまいますねぇ。

プロのトランペッターとはこんなような日による好調、不調があったりするのでしょうかね?大事な演奏会当日にこんな状態だったら冷汗ものです。

ついつい、まだ他に理想的なマウスピースがあるのではとか思ってしまったり。トランペットでの奮闘はまだまだ続くのでした。(笑)

そうそう、あと先月の「フラジオ、サックスのしくみ」でそもそも何でサックスの長さ知りたいと思ったのかを思い出しました。

テナー・サックスとトランペットは長さはほとんど同じなのにテナー・サックスは1オクターブ低く音が出るということを書こうとしていたのでした。

しかし、計算をしているうちにそのことを忘れてしまったようです。(^^;)

さらにまた、テナー・サックスの最低音はA♭であったことと、トランペットの開口端補正値は結構大きいのでその長さは全然近いものではなく思い出すきっかけにもならなかったのでした。f(^^;)

「あれ、今何をしようと思っていたんだっけ?」と言うことはよくあるのですが、「ん、今何でこんなことしてるんだったっけ?」というのは珍しいことでした。(笑)

あと、現在バリトン・サックスの最低音はD♭ではなくCの仕様のもの方が一般的らしいです。先月分に追記しておきました。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム