[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

久々のお手入れ

2013 年 03 月 31 日
トランペット奮闘日記


楽器を洗う頻度とは人それぞれなんしょうね。私の場合、トランペットを始めた頃は週一ぐらいでしたが、近年は月に一度ぐらいでしょうか。

しかし、去年は引越しの準備もありしばらく洗えなかったのに加え、引越しが終わったら管内を洗うブラシが見当たらなくなってしまい気付けば9ヶ月ぐらい洗っていませんでした。(汗)

さすがにもうやばいと、街にある唯一の楽器屋さんにブラシを買いに行ってみました。楽器屋と行ってもCDなどがメインで奥の方に吹奏楽関連の商品が少し置いてあるぐらいです。

何となく、勝手に品物を物色しにくい雰囲気があり、「トランペットの管内を洗うブラシが欲しいのですが」とお店の人に聞いてみたら、なかなかその代物のことがうまく伝わらないようでそのお店には置いてないのかと思ったら、ありました。ほっ。

ついでに、今使っている管内を拭く重りと紐がついているハンカチみたいなものもボロボロだったので新しのにしようと思って聞いてみたら、こちらも上手く伝わらず・・・

よく考えたらその正式名称も知りませんでした。いろいろ、クリーナのようなものを出してもらうも重りと紐が付いていない。

「ハンカチにこういう感じで重りが付いているやつなんですけど・・・」「だったら、これじゃない?」と差し出されたのは自分がイメージしてものと違っていました。

黄土色っぽい物を想像していたのですが、それは水色の布にナイロン線と先端に黒いプラスチックが付いている。軽い。

今まで見たことがありませんでした。いつからこのようなものが?でも、確かに管内を拭くための物のよう。重りの代わりにナイロン線の硬さで管内に通すタイプなのでしょう。

ということで買ってみることに。







ブラシ方の正式名称は「FLEXIBLE CLEANER」と言うみたいですね。¥1,418也。





管内を拭くのは「CLEANING SWAB CLSTPHR」と言うようです。なるほどスワブと言うんですねぇ。ナイロン線と黒い先端の正式名称もあるのですね。

お値段は1,050円でした。前のは600円ぐらいだったような気が。見るからにいかにも吸水性が良さそうな生地です。

今までは店内に陳列している物を見て手にとってレジに持って行って買っていたので名前までいちいち気にしていませんでした。

これで、久々にトランペットを洗うことが出来ました。しかし、ベル内を拭こうとさっそくNEWスワブを突っ込んでみると、ん?引っ張り出せない??

今までのスワブだったら紐なのでベルから重りを入れてバルブのところから引っ張り出せたのですが、NEWスワブだとナイロンガイドが太く硬く、とても曲げてバルブのところからガイドプラグを引き出せる気がしません。(汗)

どうやら、ベルには使えないみたいですね。ちょっとヤマハのHPを見に行ったら以前の「金管クリーニングスワブTR CLSTR S1」は生産終了とのこと。ガビョーン、そうなの??(@o@;)

NEWスワブは抜差管やマウスパイプは問題ないのですが、バルブに対し直角に付いているベルなどの管に通すことは困難。前のタイプの方が管内すべて通せて良かったと思うのですがねぇ。そう思うのは私だけ?

では、どうやってそういうところを拭くのだろう?普通は拭かないものなのだろうか?金属の棒状のロッドも持っているが一度ガリガリとなったこともありあまり使いたくはない。旧スワブなら使い分けることなく一つですべてOKだったのに。




とりあえず、ボロボロのスワブを使い続けることに。しかし、見事なボロボロっぷり。これより新しいのもあったはずなのですがそれも行方不明なのです。




ちなみに、私のトランペットの洗い方ですが、魚などの保冷などに使う発泡スチロールの箱にお湯を張って洗います。(洗ったパーツは布巾を挽いた蓋の方に乗せていきます。)

ボディソープが一緒に写っていますが、じつはそれでトランペットを洗っています。(笑)

以前はYAMAHAのブラスソープを使っていたのですが使い切ってしまったとき、試しにいつも使っているボディソープ使ってみたらなんだか良かったんですよね。f(^^;)

まさに、「コラーゲン配合でお肌に潤いを与え、しっとりスベスベ肌に!」と言う感じでなのです。(笑)

以前はラッカーポリッシュを使ったりしていましたがボディソープを使うようになってからはそういえば使っていませんね。

なんというかコラーゲンが皮膜のように働いて光沢を与え、さらに防錆効果もあるような気がしています。もう4年ぐらい使い続けてますし、人間の肌に使うものですからまあ大丈夫でしょう。

自分の体を洗う洗剤で楽器も洗えば一体感は増しますぜ!(一番の理由は安上がりだからだったり。現在はイオンのTOPVALUを愛用してます。f(^^;))

いやー、9ヶ月分の垢を落としたら吹奏感が別な楽器と思えるくらい軽く感じて戸惑ってしまいました(汗)。やっぱり、こまめに洗う方がいいかもしれませんね。

明日から4月ですね。新たな新年度が始まります。今日はこちらは雪がちらほら降っていました。桜はまだ少しかかりそうです。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム