[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

「スーパーチョップス」とは?

2013 年 07 月 28 日
トランペット奮闘日記


「スーパーチョップス」とは何なのかを現段階で整理してみたいと思います。

まず、「チョップス」とはどういう意味なのか?

Chopとは、まず「包丁でスパンと切り分ける」と言うような意味です。日本人だったら「チョップ」と聞くと「空手チョップ」、「デビルチョップ」とか手刀による攻撃技の方が馴染みがありますよね。(古い・・・f^^;)

はじめはチョップ的な要素を奏法に使うのかと思ってましたが、どうやらChopsと複数形で使う場合は口の周りや顎を形成している筋肉や組織の総称となるようです。

ですので、「スーパーチョップス」とは「スゴイ顎」と直訳できますが、もっと解釈を広げれば「理想的な顎の形、口筋の使い方」というニュアンスなのかもしれませんね。

その「スーパーチョップス」の考案者はジェローム・カレという人で楽器を作る職人だったみたいですね。氏が製造した楽器は「スーパーチョップス・モデル」と名付けられているようです。

現在は楽器の製造の方は辞めて奏法の指導に専念しているようです。さて、まず公式サイトと氏のレッスンの様子をYouTubeで見てみました。
(「super chops」で検索すると出てきます)

MASTER SUPERCHOPS
http://www.super-chops.com/

ジェローム・カレ氏は楽器を吹く前に舌のセッティングを強調していました。下歯を舌で覆っているように見えました。

その後、唇だけで「プップップッ」とバズィングしてその出した同じ音をトランペットでも吹いてました。
「The Spit Buzz」というツバを吐くようにバズィングする方法が基本のようです。

しかし、真似してみましたがあんなに唇を巻き込んでのバズィングなど出来る気がしません。白人だから出来るのでしょうか?

あと、ジェローム・カレ氏はよくトランペッターが深い呼吸をするために取り入れている”ヨガ呼吸”を否定しているようです。「現在多くのプレーヤーが使っている3分の1の息の量しか必要としない」とのことです。

また、この奏法は高音を出すために考えられたものではないようです(マジオと同様に)。レッスンでは高い所でもハイCぐらいまでの音域で指導していました。

結局、「スーパーチョップス」についてはこれだけではハッキリ理解できませんでした・・・(-"-;)。

いろいろ探しまわった結果、「スーパーチョップス」の教則本というものがあるようなのですが、そこに「ハイトーンへ行くほどアパチュアの位置は上に行き、ダブルハイCでは上の歯と歯茎の境目あたりにある。」という記述があるそうなのです。

えっ、本当なのでしょうか・・・?ちょっと、そんなことが可能なのか私には想像出来ません・・・やってみようとしましたがアンブッシュアが崩れてまともに音が出ません。

どうやら、私がやっているのは純正の「スーパーチョップス」ではないようです。でも、舌先を下唇に付けているので流派は「スーパーチョップス」系のような気がしているのですが。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム