[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

バテの原因

2007 年 09 月 01 日
トランペット奮闘日記


練習するたび思うこと、唇のバテのことだ。特にスタジオでミュートなしで思いっきり吹き続けると疲れ果て音がプルプルしてくる。唇が上がるという表現がぴったりか。ミドル・ソ上など出もしなくなる。

自分なりに理由は特定できていた。私の下前歯は上の歯と噛み合うこともなくすくすく伸びたのであろう。しかし、若干斜めに育っている。そして、その歯は角張っている。

マウスピースをあてると唇がその歯の角とマウスピースに挟まれる→長時間一点に集中して真鍮と鋭利な歯で挟まれ続け、その場所はいくら痛みに鈍感な唇でも痛くなってくる→そうすると無意識にマウスピースをあまり押し付けないようとする→押し付けられない分を唇の筋力でカバーしようとして変な力をかける→バテる・・・

要するに歯並びの悪さが一番の原因だ。いくら今後練習を続けていっても唇の皮膚がエナメル質より硬くなることはない。これを解消するには、

歯を削るしかない!

しかし、さすがに躊躇する。これまでの人生で歯を削るなど考えたことなどないし日常生活にはなんの影響もない。だが、トランペットを続けていくためには避けられそうもない。う~ん。

どうすんの、どうすんのよオレ!?つづく!!
(by LifeCade)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム