[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

ボサノバでアドリブ

2013 年 08 月 31 日
トランペット奮闘日記


EM1を使い始めてから、まだアドリブ演奏を録音していなかったので何かやってみようと思いました。夏の記念になる曲。夏といえば暑い。暑いといえば南米ブラジル。ブラジルといえば「ボサノバ」。

ということで、またも無理やりにこじつけで選んだ曲はジョビンのボサノバの名曲「How Insensitive」となりました。(^^;)





伴奏はジャズギターの教則本の付属CDです。

やはりボサノバの特徴で、突然転調が盛りだくさん。音楽理論的に一目では判断できないコード進行がチラホラ。

とりあえず、鍵盤で使用可能なスケールを洗い出し、トランペットで試す。トランペットである程度吹けそうなフレーズをストックしていざ本番。

しかし、トランペットでのアドリブはそう簡単にはいきません。フレーズがうまくいかないことはもちろん、フレーズがうまくいったと思っても音やタイミングが曖昧になってしまったりリテイクの繰り返し。

改めて思い知りますよ、トランペットでのアドリブって何て難しいのだろうと。

(あの、リー・モーガンやフレディ・ハバード、マイルスなどなど先人達は今ほど情報も簡単に手に入らない環境でどのようにあのようなプレイ方を身に付けていったのだろうか?(-"-;))

一時間ぐらい吹きっぱなし。唇は全然バテたりしないのに楽器を持っている左腕の方がバテてくるという始末(毎日欠かさず10Kgのダンベルで筋トレしてるのですが)。なんとか、終わらせました。

せっかくEM1を使っているのに高い音域を全く使ってません。使っている音域は1オクターブちょっとぐらいです。正直言うと、高音を使うぐらいの心の余裕がありませんでした。f(^^;)


あっという間に8月も終わりですね。今年はホントに涼しかった夏でした。お盆前ぐらいにようやく暑くなったと思ったら、お盆が過ぎれば朝は風邪ひきそうなぐり寒いぐらいです。

子供の頃、東北の三陸海岸ではそういえばこんな感じだったなと思い出しました。毎年、これぐらいだと助かるのですけれどね。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム