[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

たまにはEM1以外も

2013 年 12 月 08 日
トランペット奮闘日記


マウスピースをEM1に替えてからは度々悩まされていた絶不調という事態はまだ訪れていません。季節の変わり目も変化ありませんでした。

EM1ではハイ・ドが出せない日などまず無いし、ただ出すだけならばとりあえずハイ・ソまでは出せるでしょう。

とくに不満が無いわけですが、それでも他を試したらもっと吹きやすいものがあるのでは、という欲が湧いたりするのです。(^^;)

それで久々に数本試してみることに。

まず、YAMAHA ALLEN VIZZUTTI。未だにヴィズッティ氏の技巧プレイのインパクトは忘れられず使えるものなら使ってみたいと思っているマウスピース。

はじめは結構吹きやすい感じ。舌を使うようになったせいかミドルも難ない感じでした。しかし、吹いているうちに音が出にくくなってしまう・・・

次にSchilke12A4。口にあてた感じは実にちょうどいい感じ。始めは吹きやすいかもと思うも、これは時間が経つにつれ音が出にくくなっていくだろうと予想は出来ました。

では、Bach3Cだったらどうだろうか?ミドル・ソまではすこぶる出しやすい。しかし、それ以上はピタっと止まってしまう感じでした。

舌改革を始めて1ヶ月ぐらい経った時に試した時はハイ・ソまで出せたりしてまだ吹きやすかったのですけど。

その時は高音を鳴らそうとするときは舌さえ使えばカップの深さなどあまり関係ないのかもしれないと実感していたのですが。

もうすっかりEM1に慣れてしまったのでしょうかね。EM1はいくら吹いても音が出なくなってしまう現象はまず起こらない感覚があります。

やはり、今のところEM1以外を探す必要もないのでしょう。(とは言いつつも欲は消えなかったりするのですf^^;)




EM1のシャンク傷も深くなってきましたね。


今日朝起きたら薄っすら雪が積もってました。その割に昼は久しぶりに暖かかったです。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム