[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

YAMAHA FH-EM & Galax TRP-FLG

2014 年 02 月 11 日
トランペット奮闘日記


YAMAHA EM1を使うようになって特に不満があるわけではないのですが、やはりシャローカップなわけです。リリカルというよりはアグレッシブの方が向いている気がします。

もし、EM1と同じリム形状でもう少し深いカップであったらどういう感じなのだろうか、という興味が大きくなってしまいました。

YAMAHAのエリック宮城モデル・マウスピースにはEM1の他にEM2とフリューゲル用のFH-EMというものが存在します。

フリューゲル用にしては浅めらしい。ビッグバンド系はEM1、コンボならFH-EMという使い分けも出来たりするかもしれない。試してみたいなぁ。




と、悶々と気になっているのなら買ってしまえと注文してみました(^^;)。トランペットステーションのネット販売で新品が税込み¥6,720。(メーカー希望小売価格¥8,400)

中身はずいぶん丁寧な梱包がされているのですね。




箱はフリューゲル用だからか、それともデザインが一新されたのかEM1の箱とは違いますね。(上がEM1、下がFH-EM)





やはり、フリューゲル用は全長短めです。ヘッド自体も短めになっているのですね。EM1に比べてかなり軽く感じます。




FH-EMは一般のフリューゲル用のマウスピースに比べ若干浅めらしいのですが、それでもやはりフリューゲル用、かなり深い。バックのBカップなどより全然深いです。




口に付けた感じは予想に反し、全く同じというふうには感じません。FH-EMのカップ経は16.06mm、EM1は16.02mm。数字ではたかが0.04mmの差なのですが些細なものではない感じです。

ちなみにFH-EMのスロート経は4.40mm。




今回はフリューゲル用のマウスピースをトランペットに装着させることの出来るアダプターも試しに一緒に購入してみました。

Galax TRP-FLGというものでこれだけで2千円もします。うう、これも大人買いです(笑)。このパーツは真鍮製だと思いますがプラスチック製かと思うぐらい軽いです。




FH-EMにGalax TRP-FLGを装着しても全長はトランペット用より短かく、重さも軽いです。

試しに重さを量ってみました。EM1が約94g。FH-EM
は約72g。Galax TRP-FLGを取り付けても84gぐらいでした。




FH-EMをトランペットに装着するとこんな感じです。やはり紙を巻いて付けるより真鍮製のアダプターの方が安定感がありますね。(当たり前かf^^;)

近々サウンドの比較などしてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム