[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

FH-EMの使用感想

2014 年 02 月 28 日
トランペット奮闘日記


FH-EMを入手して試してみた感想としては、EM1とは違うマウスピースなんだと感じました。FH-EMはEM1に比べてリムが薄いというか若干大きく感じられます。

EM1は低音域から高音域まで同じアンブッシュアで吹き上がれますが、FH-EMではそうもいかないという感じでしょうか。たかが0.04mmの差なのですけどね。FH-EMはEM1というよりYAMAHA 7D4dに近いものを感じました。

でも、やはり音色はあからさまに変わりますね。FH-EMは音量が落ちてメロウでダークになります。FH-EMを吹いた後にEM1を吹くと音量が大きくてパリパリした音色なんだなと再認識出来ます。

この音色の違いは深いカップでスロートが太いというのもあるのでしょうが、重量というものも大きく関わっていると思えます。

EM1よりFH-EMの方が22gほど軽いので振動をより吸収してしまうのでしょう。プラスチック製のマウスピースも振動を吸収して音量が小さくなるというのは認識済みです。

ダークな音色を求めたいときには重さの軽いマウスピースを試してみるのもいいのかもしれませんね。

もちろん、FH-EMはトランペットではなくフリューゲルに使うことを前提としているので、フリューゲルで吹いてみるとまた感想が違ってくるのかもしれません。

それでも、EM1とFH-EMは他のマウスピースより十分併用は可能(当たり前と言えばそうなんですが)と思えますので今後も試してみたいと思います。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム