[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

シャローカップのジレンマ

2014 年 05 月 26 日
トランペット奮闘日記


私にとってEM1はハイトーンという可能性を大幅に広めてくれたマウスピースです。音色も派手で勇ましくて好きです。

しかし、シャローカップの宿命でロー音域がブレやすいのです。(これはこれで個性的になっていいとも言えるのですが)

本来、シャローカップのマウスピースはイエローブラスベルと相性がいいんだろうなと思います。

ゴールドブラスベルは音量のダイナミックスやピッチベンドなどの繊細な表現が得意。音が柔軟で奏者の個性を表現しやすいのでコンボ・ジャズなどではゴールドブラスベルのトランペットを好むプレーヤーは多い。しかし、裏を返せばゴールドブラスはブレやすくなるということです。

イエローブラスベルはゴールドブラスよりは繊細な表現はし難い。しかし、それは逆に言えばブレにくいということ。真っ直ぐスパーンと突き抜けたトランペットらしい音が出しやすい。それゆえ、基本的にブレることが許されないクラシックでは必然的にイエローブラスが好まれる傾向があるわけです。

浅いカップの低音部のブレという弱点はイエローブラスベルの楽器を使うことで大幅に改善されることだろうと思えます。EM1を使いこなすためにはイエローブラスに変えた方がいいのだろうか考えたりしました。

しかし、自分のトランペットで目指したいプレイとは何だったのか?ビッグバンドでリードかコンボ・ジャズでリリカルか?「そりゃ~、どちらも!」と言いたいところですが(^^;)、天秤に載せれば後者の方に傾く。

私は初めてXO RV-GBを試奏したとき、この楽器に多彩な表現の可能性を感じたんですよね。やっぱり、ゴールドブラスの方が自分の個性を表現出来る気がします。

そうなるとブレを軽減するためにはEM1と同じぐらいの内径サイズで深いカップのマウスピースを試してみたくなったわけです。

しかし、それはEM1で得たハイノートの可能性を失ってしまうことになるかもしれない。低音の安定かハイノートの可能性か、まさにジレンマ。しかし、気になったからには実際に試してみないと払拭されない。

そこでまず目を付けたのがFH-EM。悪くはないのですが、やはりトランペットで使うにはスロートが広すぎるのか吹奏感自体トランペットを吹いている感じがしません。

そうなると、トランペットを吹くメリットが無くなってしまう気もします。やはり、フリューゲルを吹くためのマウスピースなのでしょうね。最近はあまり使ってません。

そこで、久々にBACH 10-1/2Cを使ってみたら結構良かった。それで、もう少し口径の小さい中庸なカップを試してみたいと11Aと12Cを購入した訳です。

さて、Bach11AとBach12Cはどうなったかといえばこれが自分にとっていいカンフル剤になってます(表現が古っ^^;)。今日は少し長くなってしまったので経過はまた日をあらためて書きたいと思います。


(トランペットを始めた頃、YAMAHA YTR-8340EMやXO RV-Sなど試奏したことがありますが、今EM1を使って吹いてみたらどんな感じなんでしょうねぇ。興味は大いにあります。)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム