[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

3Dプリンターで楽器製作?

2014 年 08 月 20 日
トランペット奮闘日記


先日、噂の3Dプリンターでサックスを製作したというニュースをネットで目にしました。まだ完璧な出来栄えではないそうですがちゃんと音も出せるよう。今後修正を加えていけば完成度はさらに上がるという話です。その様子は動画サイトで公開されているようです。

まだ持ってはいませんが、3Dプリンターというものはやはり3DCGをやったりする者にとっては結構興味のあるものではありました。

それさえあれば樹脂加工など専門的に修行した職人でないと作れなかったような物でも簡単に作れてしまう。とうとう時代はここまで進化したのですね。

サックスよりトランペットの方が構造的にシンプルだし、そのうちチャレンジする人が出てくるかもしれませんね。(もういるのかも?)

自分的には楽器本体よりマウスピースの方が興味ありますね。3Dプリンターさえあれば、自分で自分の唇に適した理想のマウスピースが作れてしまうかもしれませんね。

マウスピースのオーダーメイドで職人さんにどうこう口で伝えるより自分で作った方がロスは少なくなりそう。まず、樹脂で自分で作って出来が良かったらそのマウスピースの3Dデータを金属対応の業者に渡して金属製のマウスピースを作ってもらう、とか。

しかし、そんな構想を持ちつつもちょっとそこまでして3Dプリンターに手を出したいともまだ思えないのが現状です。
f(^^;)







3Dプリンターがあれば、過去に製作した『ワイルド・シルキー10A4a』と『ダンディ・バック3C』も実体化出来るんでしょうね。(笑)




「トランペットのしくみ」のページでもお馴染みの『XO RV-GB modoki』もその気があれば実体化出来ないこともない?(ちなみに、私の使っている3DCG制作ソフトはShadeです)

でも、作るとしたらトランペットよりピッコロ・トランペットの方が興味ありますね。ピッコロ・トランペットは使用頻度も少ないと思える上にお値段がお高いので優先順位的にまず購入する可能性は低いと思います。(ピッコロが買えるぐらいなら、その前にフリューゲルが欲っすぃのですよねぇ~)

ピッコロ・トランペットは小さくて作業量も材料費も少なくなるだろうし、個人用3Dプリンターでも作れそうな感じがします。でも、当分チャレンジする予定はありませんがね。
f(^^;)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム