[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

BACH 11C、買っちゃった

2015 年 02 月 08 日
トランペット奮闘日記


Bach11Cに興味を持ってしまった以上、どうしても一度試してみたくなり、結局購入してみることにしました。

しかし、新品のBachのマウスピースはメーカー希望小売価格6,372円で一般的な楽器店での実勢価格は5,800円(税込み)前後。けつこう、いたします。

それがトランペットステーションだと税込み4,600円。やっぱりトランペッターの味方ですねぇ。またもお世話になることに。



Vincent Bach 11C
内径15.70mm

それで、注文しておいたBach11Cが届きました。内袋は密閉状態です。新品で購入しても大抵は封が切られていることが多いので新鮮ですね。ん、黒いシートも一緒に入ってるけど何でしょう?




シャンク内部も切り出したてのほやほやなぐらいピッカピカです。シャンク内部がこんなに明るく見えるマッピは初めてですね。





で、肝心の吹き心地ですが・・・違う?!(汗)

明らかにBach11Aとは違う感覚なのです。11Cの方がリムの内側のエッジが立っていて11Aより少し大きく感じるのです。Bach11Aのリムの方がフラットなのかもしれません。

11Aと言うよりは10-1/2Cの方に近い気もします。なんだか高音が踏ん張りにくい。11Aの方が踏ん張りやすい。

安くない代金を払って新品で購入したというのに早くも失望感が・・・何で同じ11カップなのに微妙にリムの形を変えたりするのでしょうかねぇ?(う~ん、バックのいけず-"-;)

ただ、せっかく購入したものなのでもう少し様子は見てみたいと思います。時間が経ったら「実は吹きやすい」とかなったらいいのですけど、どうでしょうねぇ。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム