[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

レッツ、防音室を自作してみよう♪

2015 年 06 月 09 日
トランペット奮闘日記


防音室について興味を持ったのは、もちろん最近のことではなくずっと前からでした。

千葉で集合住宅に住んでいた時もずっと欲しいなぁと思っていたのですが、その部屋の狭さでは十分なスペースもなかったし、自転車で3分ぐらいのところにお得な貸しスタジオがあったのでそこを利用する方が現実的でした。

それでもマイ防音室については憧れがありちょこちょこは調べていました。

トランペットを始めてから関東圏の楽器屋で試奏させてもらうときなどは大手メーカーなどの店頭展示品の本格的な防音室を使わせてもらうことも多かったのでその効果のほどは知っています。

しかし、防音室のためにまず60万とか100万とかとても予算は出せません(汗)。しかも、あんな重い物を部屋に設置したら床が抜けてしまいます(^^;)。

それで興味を持ったのは簡易防音室というもの。お値段も10万円前後ぐらい。10万円ぐらいならその効果次第で出せないこともない。

気になる候補をいくつか見つけることが出来ました。でも、メーカーのHPでも防音効果のサンプルは数字上では表記されていても動画等、録音で確認できるようになかたちでは公開はされていないのでした。

しかしながら、数は少ないですがやはり動画サイトでは購入してレビューをアップしている方々がいて参考にさせてもらうことができました。商品名まではここでは書きませんが気になっていた半畳サイズのテント風、衣装ケース風、さらに割安なダンボール製の3つの音源を検証できました。

感想は、こんな感じでは10万円も払うのはちょっと高いかも・・・でした。もっと防音効果を上げるにはオプションの吸音材とかも必要だろうし、特殊大型な商品なので送料だけでも1~2万円位かかるようだし、とても10万円で収まる感じではなくなるようで、ちょっと考えものだなと思いました。

この家には前住んでいた方が置いていた家具とか結構あるのですが、その中に大きな木製の洋服ダンスがあります。試しに、そのタンスの中でCDプレーヤーを再生させたまま締めてみました。

これだけでも音は割と小さくなります。自分の望んでいる防音はこれぐらいでいいと思っていました。とにかく、完全な防音ではなくワンクッション挟めればいいのです。出来たら3分の2、せめて4分の3ぐらいの音量に出来れば外にはそんなに漏れなくなると思うのです。

さすがに、タンスの中に入ってトランペットは吹けない(^^;)。そこで、とうとう木製の防音室を自作してみようと決意しました。

じつは先日、防音室を自作した事があるという方からメールを頂きました。防音効果はそこまで望めず中は音が響いてうるさくて暑くて結局使わなくなったので安く練習出来る場所は探せば見つかるので探してみた方がいいとアドバイスを受けました。

そう言われればそうなるような予感もあります。しかし、私のブログを読んでいてくださる方ならわかってくれていると思います。私はやりたいと思ってしまったことはやってみないと気が済まないタイプの人間なのです。f(^^;)

このまま、防音室を諦める方向でいくと長年のもやもや感が払拭できません。この機会にハッキリさせたいと思います。本当に使えないものなのか?それなら改善策はないのか?やっぱり、自分で試して確認してみたいのです。

おそらく、楽器演奏をしている人間であれば誰しも防音室に興味を持っているはず。いつか自分と同じようなことに興味を持っている方々に成功するにせよ失敗するにせよ体験談を残しておくことがブロガーの役目とも思っています。

私は大学時代は図画工作(美術)を専門に学んでいましたので、こういう作業に苦手意識はありません。そこまでの大失敗にはならないと思うのでご心配なく。(^^;)

だいたい、完成イメージは出来ています。とりあえず、今月中の完成を目指して『レッツ、防音室を自作してみよう♪』ミッションを開始したいと思います。


関連リンク:

そろそろ本気で防音室とか

レッツ、防音室を自作してみよう♪

防音室の資材調達

防音室、ひとまず完成!

吸音シート貼り作業、完了

防音室の改良

自作防音室の検証動画
スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム