[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

防音室の改良

2015 年 06 月 29 日
トランペット奮闘日記


防音室を作って一週間ほど経ちました。問題が出てまいりました。まず、吸音シートの一部が剥がれてきました。分厚いシートなので角材の角で折り曲げている所の接着力が堪えられなくなっているようです。

あと、中はとても暗いです。そこで、襖釘と照明を買ってきました。シートの剥がれやすい箇所は襖釘で徹底的に留めることにしました。




照明には、はじめ100円ショップで買ったLEDライト(画像左下)を使っていたのですが、そこまでケチらずともいいですね。(^^;)

人間の心理は照明の明るさや色で変わるぐらいですですからね、大事なことです。ですので、コンセントから安定電源供給できるものを探してみました。

天井は12mmの合板なのでそんなに重いものは付けられない。この「ファイブエコ」という照明は「スリムで軽量!」というだけあって230gと普通の蛍光灯式のよりかなり軽いので使えそうと思いました。色は標準的な「昼白色(5000K)」を選びました。

そうなると、今度は防音室の中で電気を使えるようにしないといけない。あと、録音用のマイクケーブルも通したい。どこかに3cmぐらいの穴を開けなきゃダメかなと思っていたところ、ちょうどいい隙間がありました。




角材の中で一本だけやけに反り返っているのがあったのですが、それをドアの上に使っていたのです。反り返りの力はすごくて角材の下の所が気がついたら少し浮いていたのです。

まぁ、釘抜いてやり直すのも面倒だし防音効果には影響もないと思いそのままにしていました。しかし、この偶然の隙間からコンセントとマイクケーブルを通すことが出来ました。

いや~、こんなところからコードを入れるという発想はありませんでしたねぇ。ホント、偶然の産物です。これで穴を開けないで済みました。(この角材は板にしっかりと固定されてますので重みでコードが潰されることはありませんのでご心配なく)




うん、これは普通に明るい。いい感じです、モチベーションが上がります。この蛍光灯は目線に近いので横にすると結構眩しいのです。縦にするとそうでもなくなります。




マイクも中からメインPCへ繋げることが出来ました。ワイヤレスのキーボードで中からメインPCも操作できます。シーケンサーの簡単な操作は画面を見なくても出来ます。ヘッドホンも延長コードで届きますので録音作業はここで可能になりました。

ノートPCを使ってリモートディスクトップとかも出来るとは思いますが、とりあえず今はそこまでする必要もないと思ってます。(ちなみに、Wi-Fiも使えます)

これで、マイ防音室兼スタジオの完成です。中は吸音シートを貼って少し狭くなってはいますが、それでも一畳という空間は思っている以上に広く感じます。

さて、この一畳サイズの自作防音室にかかった費用はというと、実際使ったものだけを税込みで計算してみると、

針葉樹合板1820x910x12mm 8枚、10,192円
角材1820x40x36mm 12本、1,846円
遮音シート、約15m分をメートル単位で計算すると
6,570円
丁番x2個、276円
ドアノブx2個、296円
ローラーキャッチ、70円
照明、2,580円
釘ネジ、600円ぐらい

大体、ざっくり合計23,000円ぐらいですかね。

このサイズだと簡易防音室でも20万円は超えるでしょうから10分の1ぐらいで済んだことになります。防音室を自作するメリットは、やはり市販されているものより大幅に安く済むことでしょうね。

この防音室の検証動画なのですが、完成させたのですが今日のことも加えておくべきかと思い、編集し直して明日に公開したいと思います。


関連リンク:

そろそろ本気で防音室とか

レッツ、防音室を自作してみよう♪

防音室の資材調達

防音室、ひとまず完成!

吸音シート貼り作業、完了

防音室の改良

自作防音室の検証動画
スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム