[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

JET-TONE MF、経過

2017 年 07 月 23 日
トランペット奮闘日記


なんというか、JET-TONE MFのファーストインプレッションは良かったものの、『強化月間』を始めたらどんどん吹きにくくなってくる現象が起こり始めてきています。(汗)

JET-TONE MFはエッジを感じないマウスピースなので自分に合うマウスピースだろうと思っていました。まさか、こんな事になってくるなんて、う~ん。(-"-;)

結局はEM1用のアンブッシュアでJET-TONE MFを吹いたから吹きやすいと思ったのか。JET-TONE MF用のアンブッシュアが形成され始めると音が出しにくくなってくるという。

でも、経験上こういうのはよくあるわけです。Schilke 6A4aもEM1を吹いていてちょっとだけ吹いてみるとすごく調子がいいわけですが、だからといってSchilke 6A4aだけ吹くようにするとだんだん音が出しにくくなっていくのだろうなと予想できます。(前に経験済みです)

あと、JET-TONE MFの音についてですが、音量が若干小さくサウンドがダーク気味で、どうもバリバリのリード向きではないと感じるのはその重量も関係しているのかもしれません。持つと何か軽く感じます。

実際に重さを量ってみると、Schilke 6A4aとYAMAHA BOBBY SHEW-Leadは約110g、EM1は約105g、JET-TONE MFは約99.5gぐらいでした。

マウスピースは重さが軽いほど振動をマウスピース自体で吸収してしまい音量が小さくなる傾向にあります。JET-TONE MFはそれに加えシャローと言うよりVカップなので尚更ダークなサウンドを出しやすい。なにかフリューゲル用のFH-EMと似ていると感じたのはこのためなのでしょう。

しかしながら、息の入れ方でブリリアントにも出来たりするので、もちろんリードにも使えないことはない。これはFH-EMではそうなりません。

JET-TONE MFのカップ形状は例えるのならトランペットのベルと同じような独特な形状です。カップの体積的には普通のVカップと言うよりやはりシャロー的なのでしょう。この特殊な形状ゆえ息の入れ方でダークとブリリアントの広い音色表現が可能なのかもしれません。

しかし、EM1やSchilke 6A4aは何も考えずに派手でワイルドなリードサウンドが出せます。基本ダークで意識していないとブリリアントを保てないという選択肢はリードを吹きたい時には無い方がいい気がします。(両方の音色を欲張るとリードとしての一定感、安定感が無くなりそうです。)

マウスピースの重量を上げるエフェクターなどを取り付ければ音量は多少は大きくなるかもしれませんし、もっとリード向けになるのかもしれません。しかし、今のところそこまでしてまで試してみたいとは思わないかな。(^^;)

ただ、「JET-TONE MF CLASSIC RE-ISSUE」はメイナード・ファーガソンが当時実際に吹いていたマウスピースを忠実に再現しているというのですから、私がこのマウスピースの本来の吹き方を知らない、出来ないだけなのかもしれません。

とりあえず、EM1に戻しつつ、もうちょっと研究はしてみたいとは思います。ときおり、出しやすいと感じるときもあるので。(棚に飾るのはまだ早い^^;)




XO RV-GB & JET-TONE MF マイスタにて記念写真。 

スポンサーサイト
テーマ: トランペット ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム