[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

EM1改とMFでのハイトーンチャレンジ

2017 年 08 月 12 日
トランペット奮闘日記


YAMAHA TR-EM1をより浅くした「EM1改」の調子は本物のようです。とりあえず、ダブルハイ・ド(ダブルハイC)までハイトーンチャレンジの録音をしてみました。

あと、ついでにJET-TONE MFでもチャレンジしてみました。


課題:ハイトーンへのチャレンジ


使用マウスピース:

YAMAHA EM1 改

JET-TONE MF

使用楽器:XO RV-GB
使用マイク:SHURE SM57

録音日:2017年8月12日


どちらもペダルトーンはバリバリとは鳴らせませんが、いちおうは出せます。いったんペダルトーンまで下がってからロー、ミドル、ハイ音域をドレミファソラシド(in B♭)で上がっていくという感じです。

「EM1改」の方は、ハイ・ソまでは確実性が得られた感覚があります。完璧とは言わないまでも前より力みも少ない状態でダブルハイ・ドまで音階で上がれる成功率も高くなりました。

とは言っても、カオスゾーンではメロディを吹くことはほぼ不可能で、やはりラストで一発決めるなら使えるかもという感じです。

とにかく、ハイ・ラ以上を出すにはカオスゾーンを突き抜ける強いイメージを持っていなくてはいけませんね。そこには、やはりシャローカップという要素もかなり重要になってきます。

JET-TONE MFの方は今までで一番調子が良かったかもしれません。しかし、ハイ・ソ#に引っ張られてしまい、ハイ・ラまでは届きませんでした。このマウスピースでは自分的にはハイ・ソ#が限界のようです。

やはり、サウンドはEM1よりファットで音量は少し小さくなりますね。ハイトーンのイメージが強いJET-TONE MFですが、自分的には実用的音域はハイ・ミまでという感じです。ハイ・ファからかなり当てにくくなります。ハイ・ラ以上はまるで届かない感覚になります。

カオスゾーンに突入するだけの踏ん張る足場が無くなってしまうというか・・・スロートがもっと浅いところから細くなるようになっていたらハイ・ラも引っかかるような気もしますが、う~ん。(- -;)

こちらも、試しにロウで埋めてみようかな。(^^;)




スポンサーサイト
テーマ: トランペット ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム