[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

再スタートを誓う

2008 年 03 月 09 日
トランペット奮闘日記


”心が折れる”、という表現が合っていたのかもしれない。

あの日以来、トランペットに対する思いが急激に冷たくなってしまった感じだった。トランペットを吹こうとする気持ちはまったく湧かず、この三週間ほど触ってもいなかった。いままで二日も吹かないことはなかったのに・・・

「自分にはトランペットは向いていなかった・・・」

きっとそうなんだろう。そして、「このまま吹くこともなくなってしまうんだろうなぁ」とも思っていた。

しかし、不思議なものでここ数日あたりからふつふつとやる気が戻ってきた、

「やっぱりこのままでは諦めきれない!今までの考えを捨てマウスピースを思い切って小さくして試してみよう。それでもダメなら諦めよう!」

いつの日からか、
「うまい人=大きなカップのマウスピースを使う人」
という考え方を持つようになっていた。

それゆえ、大きなカップのマウスピースを使えば早く
"うまい人"になれると思っていた。そう盲信して大口径を使うようになったのだ。

しかし、ただ大きいのを使ってればうまくなれるわけでないのだ。大きいのを使ってうまい人はその口径がその人の口に合っていたからなのだと思う。

踏ん張れない感覚がある以上大口径マウスピースは自分には合っていない、そう割り切ろう。広い音域を出せるだけではなく自由にコントロールできるマウスピースを探そう!

小口径でもずっと使ってればそのうち音が出るようになるはず。小口径を使っているプロだっていっぱいいるはず。あの憧れのリー・モーガンだってバックの12Cを使っていたというし。

かくして、またトランペッターへの再スタートを誓うのであった。可能性が0ではないのなら試さずにはいられない性分なのだ。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム