[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

ギターのようにトランペットを吹きたい!

2008 年 04 月 05 日
トランペット奮闘日記

~4月5日前編~

Bach10-1/2C、こんなに吹きやすいモノだったんだと一年ぶりに戻ってきて驚く。これをメインにしてもいいと思える。

しかしやはりCカップ、実用的ハイトーンはハイ・レまで。一度はハイ・ソまで鳴らせるようになったのにここで妥協していいのだろうか?

もそっとハイトーンの可能性が欲すい。やはり欲は捨てられない。もう少し浅いとどうなんだろう?

最近切に思うのは、「ギターを弾く感覚でトランペットを吹きたい」
ということだ。

わたしはもうだいぶ長くギターをやっていてアドリブやソルフェージュを考えるときギターの指板で考えるぐらいギター思考になっている。

エレキギターというのは4オクターブの音域を平均的に鳴らせる(もちろん高音と低音では指にかかる圧力は違うがトランペットの比ではない)。

ギターを弾いているときは使える音を疑問なく使うことが出来るのでフレーズに専念できる。

トランペットを吹くときは高音を鳴らそうとするときある意味覚悟を決めて試みる。フレーズの前に音が出るかどうかに気をとられる。出るかどうか一か八かなのだ。

トランペットは出せて3オクターブぐらい(メイナード・ファーガソンなら4オクターブ以上だがそれは抜きとして^^;)、しかも高音にいくにつれて急激に鳴らしにくくなる。

トランペットをギターを弾いているときの感覚に近づけるためには広い音域をできるだけ均一に近い音圧で吹けるマウスピースが必要であるのだ。

低音と高音を吹くときのそのギャップが問題なのだ。

例えばギターでイングヴェイ・マルムスティーンをコピーしようするとき弦高が高く、太いゲージのフォークギターでは演奏不可能だ。やはり弦高の低い、細いゲージのエレキギターを使うべきなのだ。

トランペットをギターで例えるならカップの深さが弦高、カップの大きさが弦の太さであろうか。

弦高が低いと弾きやすくなるが響きが失われ、高いと弾きにくくなるが響きは良くなる。弦が太ければ音量が大きくなるが弾きにくくなり、細いと弾きやすくなるが音量は小さくなる。

エリック宮城というブラスをやってる人には超有名なトランペッターがいる。たしか小さくて浅いマウスピースを使っていたはず。

しかし、演奏はまだ聴いたことがない。聴いてみたい。某動画サイトで聴くことができた。

すげぇ、しびれた!小さく浅いマウスピースは音の鳴りが良いはずがないと偏見を持っていた。しかし、高音はもちろん下の音域もバリバリなっている。カッチョいい!

エリック宮城モデル、試してみたい!

御茶ノ水の有名店に在庫があるみたいだ。善は急げで音楽の聖地、御茶ノ水へGo=3


~4月5日後編~へと続く

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム