[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

買ってよかった

2008 年 04 月 20 日
トランペット奮闘日記


シルキーの2本とEM1購入は大成功だった。コントロールの自由度と耐久性もよくなった。

今まで何年かかるかと思われた未知な部分に見通しが微かにでも立つように感じてきた。ようやくトランペットを吹けるという喜びを実感できるような感じが湧いてきた。

そしてなにより驚くのはEM1がものすごく口にジャストフィットだということだ。高音も鳴らせるし、今は低音もバリバリ鳴らせる。

おそらく、カップの深さが高音と低音の音質を損なわない絶妙さなのだろう。ホントに良いマウスピースだ。しかも、こんなに口にぴったり合うモノは今後も出会わないだろう、と思えるほどだ。

しかし、しかしやっぱり音は断然シルキーなのだ。音もさることながらその独特な吹奏感も癖になる。

EM1は前方に勢いよく飛んで行く感じとすればシルキーは管内にぶつかりまくって楽器全体が鳴る感じだ。楽器を持ってる手にまで振動が伝わってくるような。なにかエスプリを揺さぶされるワイルドな音。たまらんのです。

しかし難点はシルキーのリムがどうも合わず吹きにくいということだ。もしシルキーに出会わなければ確実にEM1をメインで使うことになっただろう。でもシルキーの音に惚れている。なんとか使いたい。

もう少し慣れればいけるか?ダメならEM1がある。ここまできてようやくマウスピース探しの旅も終りが近い気がしてきた。

マウスピースを選ぶとき、まずその音に惚れているというのは助かりますね。多少リムが合わないと感じてもなんとか自分の方がマウスピースに合わせてみようと思うモチベーションが得られるから。

一応吹き比べ録音してみました。


課題曲 オーバー・ザ・レインボー


YAMAHA EM1
Schilke 13A4a
Schilke 6A4a
(6A4aはファイル破損で再生できず・・・あぁあ)

使用楽器:XO RV-GB
録音日:2008年4月20日
スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム