[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

Bachのマウスピース 10-1/2C

2007 年 03 月 28 日
トランペット奮闘日記


毎日サイレントブラスを着け欠かさず練習している。どうやら長続きしそうだ、ほっ。やっぱりおもしろいっスよ!久々に何か新鮮な気分だ。買ってみてよかったのぉ。

音域も始めて2日目ミドル・ミ、3日目ミドル・ソ、10日目ハイ・レと徐々に広がってきた。しかし、ミドル・ソより上は出ることは出るといってもとても出しにくい。ロー・ミから下とミドル・ミより上を出すとき壁を感じる(音が止まるときがある)。

インターネットでトランペットのことをいろいろ調べてみるとよくBachという文字を見かける。ヴィンセント・バック、なんでも世の中の上級者の9割以上がこのメーカーのマウスピースを使っている、らしい。興味津々。

というか、マウスピースというのがいろんな種類があって自分に合ったものを選んで使い分けたりするなんて今まで全然知らなかった。高校のとき吹奏楽部だったのにもかかわらず・・・

チューバを吹いていたときは楽器に付属のものを何の疑問も持たず使っていた。違うマウスピースを使ってみようという発想自体なかった。他の部員ともそんな話題したことなかったなぁ(覚えてないだけ?)。

わたくしの出身はだいぶ田舎で楽器屋は2軒しかなく、管楽器を置いているのは1軒だけ。しかも一度も行ったことがない。(^^;)

今使っているマウスピースはYTR-4335Gに付いていたYAMAHA 11B4というもの。これは他と比べてどうなんだろう。いろいろ試せるのなら試してみようということで楽器屋に=3

ありました、噂のBachなるものがおいてありました。しかもBachってトランペット本体も作ってるんだ、そんなことすら知らなかった。

3C、5C、7C、10-1/2Cと出してもらい、いざ試奏。そういえば人前でトランペット吹くのは初めてだ。チョピっと緊張。

3C、5C、7Cは大きく感じ、ぜんぜん音が鳴らなかった。10-1/2Cがちょうどいいと感じた。吹きやすいしハイ・レまで出せた。あの11B4で感じていたロー・ミとミドル・ミの壁もなくなった気がする!さすがBach!即決購入。


VINCENT BACH 10-1/2C
リム内径 15.9mm


それとトランペッターならミュートの一つでも
持っておきたいということでDENIS WICKの
ミュートもあわせて購入。



 
~後日談~

デニスウィックというのはマウスピースも
出していると後で知る。


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム