[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

Schilke 9F4 アンド 10B4

2008 年 10 月 19 日
トランペット奮闘日記


先週の3連休はどうやら本格的に風邪をひいてしまい寝て過ごすはめに。

しかし、そんな非常にBADな体調でもSchilke10Aaは今までに無いぐらい調子がよくなった。唇とのシンクロ率は90%を超えた感触だ。

そんな昨今、ネットでSchilke9F4という中古のマウスピースを見つけた。シルキーのフリューゲル用のマウスピースである。

シルキーのフリューゲルのマウスピースは一般には出回っていないようだ。どのような経緯で作られたものなのだろう?とにかく、これはかなり珍しいものであろう。

9F4、カップ内径9番サイズ16.36mmでFはフリューゲル用、そして4番リム。口当たりは10A4aにだいぶ近いのではないだろうか?

フリューゲルは今すぐ買う予定はないが、いずれはと考えたりしている。吹かなくても鑑賞用としてでも欲しい願望がある。(だって可愛いんだもん*^ ^*

しかし、そのときまた新たな課題としてフリューゲル用のマウスピースを探さなくてはならなくなるだろう。何故シルキーにはフリューゲル用のマウスピースが無いのだろうと常々思っていた。

ようやく10A4aに落ち着きそうなのだがフリューゲル用はまた違うメーカーで探さなくてはいけないんだろうと考えていた。

10A4aにかなり近い口当たりを期待できるこのSchilke9F4は今購入しておかなければ後で手に入れるのは困難だろう。よし、買っちゃおう!

あとSchilke10B4というのも中古であった。少し深めの10番口径も試してみたいと思い2本でも手頃な価格と思えたので一緒に注文しておいたのでした。

今日届きました。




フリューゲル用のマウスピースはトランペット用に
くらべシャンクが短く細い。



Schilke 9F4
リム内径 16.36mm

さすがフリューゲル用、怖ろしく深いVカップだ。写真で見るより深いっスよ。スロート径はかなり太い。#17の4.39mmぐらいあるのではないだろうか。


Schilke 10B4
リム内径 16.43mm

シルキーのBカップはYAMAHAのBカップとほぼ同じでBachのCカップより少し浅いぐらいだろうか?一般的な深さであろう。




バックボアはかなり広い。スロート部はバックのようにすぐ開き始めている。さすがシルキー、チョピッとながらもシャンクエンドのスライシング加工がされている。2mmぐらい。




三本並べてみる。向うが見える。普段そんな気は
しないのですがこうしてみるとリムはかなり厚く見
えますね。




並べてみるとやっぱりリム形状は似てますね。

当たり前といえばそうなんですがBachなどは同じ番号でもカップの深さが違うとリムの形状までまるで変わってしまう、口径すら同じとは思えないぐらい。ホント、ユーザー泣かせですよ。

同じリム形状の口当たりで深さだけ変わってくれると使い分けとかの可能性も出来て理想的と思うのは私だけではないだろう。

近いうちに今日手に入れた2本音色の違いや吹奏感など吹き比べしてみようと思います。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム