[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

戻った、ほっ

2009 年 04 月 19 日
トランペット奮闘日記


再びSchilke10A4aに戻して三日ほどで調子はすっかり戻りました、一安心。

6A4aでも上唇や下唇をカップに突っ込んで何か特殊なアンブッシュアを開発すれば吹けるようになるかも知れないとも思った。

しかし、変にアンブッシュアを作るのはよくないと直感的に思う。変に作るとそれが出来ないとき非常に困ってしまう(ジャルデ1Mのとき経験済み)。

何も考えずマウスピースを唇にあて、そのままの感じで吹くのが自分の理想と思っている。

大きすぎるマウスピースは何か唇へのあて方を考えなくてはいけなかった。カップが大きいゆえ上寄り、下寄りでも唇が十分振動する。それで高音を鳴らそうとするときはどちらかに寄るべきなのか?とか。

ぴったり感のあるマウスピースならそんなこと考えずにすむ、と思ったわけである。それで、ぴったり感を感じた6A4aに何か期待を持ってしまったのだ。

10A4aはちょうどいいと思うが時折大きいかもと思うこともある。6A4aはぴったり感を得られたが窮屈に感じるときもあり音が止まることもあった。

今、試してみたいのは”小さくて深め”のマウスピース。6A4aは浅すぎたのだろう。もうちょっと深さがあったらどうなのだろうと思う。

手持ちのマウスピースはほとんどが大きめの口径。Bach10-1/2Cはカタログでは15.9mmとあるが実際はそれよりだいぶ大きく感じる。10A4aと同じぐらいにも感じるぐらいだ。

前々から思っていたがバックのマウスピースって記載されている数字より大きく感じる。手持ちのもので例えるならば、3C(16.3mm)はジャルディネリ7M(16.5mm)より大きい16.6mmぐらい。
3B(16.3mm)は16.8mm、7E(16.2mm)は16.4mmぐらい、と言った感じか(主観的唇調べ)。リムの形状もあると言ってもけっこうデカイ差を感じる。

リー・モーガンはBach12C、クリフォード・ブラウンは17Cとかを使っていたという。

ただ、当時のものは今のとサイズが違っていたり、その頃のプレーヤーは自分の好みにマウスピースを削って使うことがよくあったりして現行品のサイズがそのまま当てはまるわけではないと楽器屋で聞いたことがある。

それでも彼らの使っていたのは小さめには違いないだろう。小さくて深いマウスピース、興味あるなぁ。


スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム