[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

これが粘膜奏法・・・?

2009 年 05 月 27 日
トランペット奮闘日記


ようやく”小口径マウスピース”というものを理解できたような気がする。まとめたし。

YAMAHA 7D4dは吹き始めは口にジャストフィット感があり、深いながらも高音はハイ・ファぐらいまで出せたりした。しかし、時間が経つにつれ何故かハイ領域は出にくくなってくる??

ついには何か壁でも出来たかのようにまったく出なくなってしまう・・・。それでも、強引に鳴らそうとするとプゥ~という芯の無い、いかにも力ずくで出しましたという音が・・・

おそらくこれこそ、”粘膜奏法”といわれるものだろうと思われる。

以前、”中川善弘ウェブサイト”で氏が指摘されていた、「小さいマウスピースは粘膜奏法になりやすい。だから大きめなものを使うべきだ。」というトピックを思い出した。(詳しくは氏のサイトで確認されたし。)

そのときはよく分からなかったが今回のことでよく理解できた。

7D4dで吹いていると吹き始めはぴったりしていい感じがするが調子に乗ってハイトーンばかり吹いていると途端に音が止まってしまう。そうなるとその後はもう高音はまったく出なくなってしまう(唇表面が振動することをやめてしまうような感じ)。

しかし、それでも強引に鳴らそうとすると本来振動する唇の外側(真ん中?)の部分ではなく内側の方が剥き出てきて振動するようなイメージ。

そう、この現象はSchilke6A4aでも似たようなことが起きていた。そのときはカップが小さいせいなのか浅いせいなのか判断できなかった。

今回、小さくて深いカップを使ってようやくはっきり悟った。”小さいカップを使えば誰でも高音が楽に鳴らせるわけではない”ということだ。

唇が高音域を十分演奏可能な振動をするには最低限にそれなりの大きさが必要なのだと思える。私にとってYAMAHA 7D4dもSchilke6A4aも小さすぎるのであろう。

Schilke10A4aではそのような現象はまず起きたことがない。意外にもSchilke9F4も音が止まるようなことはない(ものすごく深いカップであるが今ではハイ・ミまで出せるようになった)。

そうすると、私にとってはSchilke9F4が使用可能な一番小さいカップなのかもしれない。


もう少し書きたいことがあるのですが続きはまた日を改めて。



ちなみにXO RV-GBにYAMAHA 7D4dを装着するとこのような感じ(スッポリ ^ ^;)。でも、吹けないことはない。こうなるとシャンクの長さはあまり関係ないのかな・・・

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
VISITOR COUNTER (2017.06.24~)
BLOG内検索フォーム