[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

ハーマン・ミュートの新たな使い方!?

2009 年 06 月 23 日
トランペット奮闘日記


私は練習用ミュートとしてHARMONのワウワウ・ミュートを使っている。その消音効果にして吹奏感も他のプラクティス・ミュートよりはかなりよく、練習用にも十分使えると気づきそれからずっと用いている。

普段はワウワウのアタッチメント部は外して使っている。これで別名”チーチーソング”となる。音色もマイルス・デイヴィスやプロミュージシャンも通常の演奏に使うぐらいであるし、プラクティス・ミュートとしては消音効果と吹奏感を十分妥協してくれるものでまさに理想的。

しかし、それでもミュートである以上当然抵抗もあり吹奏感のギャップはある。以前も多少は感じていたそのギャップが、困ったことに近頃やけに意識せずにはいられないようになってしまっていた。

たまにスタジオに入って練習するとき、ミュートを付けている状態と付けていない状態では唇の振動の仕方がぜんぜん違うので戸惑ってしまうのである。

それはうまく説明できないが”エアーのしなり”と言えばいいのか・・・それは他のミュートにはないチーチーソング特有な感触。

どうやらミュートをワウワウ部を外したチーチーソング形態で使用すると中、低音の共鳴が大きくなるようだ。そのため、唇の振動も”大振れ”になる感覚がする。それゆえ、ミュートを付けないときよりも音が出るまで少し遅くなる(コンマ何秒という世界であるが)。

それは、ミュートによる抵抗の一種ではあるが単に出にくいというわけではなく、”しなり”と言う感覚なのである(私的に)。その”しなり”のせいで、ミュートを付けているときと付けていないときではそれぞれ吹き方が変わってしまうようだ。

最近はスタジオで練習する度、時間内にそのギャップを埋めきれないというような不完全燃焼感が大きくなってきていた。

ふだん、ミュートをつけて練習しなくてはならない日が断然多い自分にとってはこのままだとチーチーソングがメインのトランペッターになってしまうのではという懸念が・・・

やはり自分としてはミュート無しの方がメインのトランペッターとなりたいのです。

その”エアーのしなり”によるギャップ、なんとか出来ないものか?と、試しにワウワウ部の挿し方を色々変えてみたところ、




このように差し込んでみたら驚いたことに”エアーのしなり”がかなり抑えられ、息抜けのスピードが確実に上がった!(オオー@o@;)

中低音のブーストは抑えられ、トレブルが増すような感じで消音効果もさらに向上し、しかしながら唇の振動はミュート無しの状態により近いものになっている感じがする(もちろん、まったく付けていない状態とまではいきませんが)。

ワウワウをしっかり差し込んでもこのような感じにはならず、やはり”エアーのしなり”を感じる。

この一見中途半端な差込方によりミュートの大揺れの部分の振動をうまい具合に抑えられているようだ。

これはいけるかも!?これでしばらく様子を見てみようと思います。

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム