[音楽のBLOG] トランペット奮闘日記index トランペットのしくみ 音楽りろん講座 [CGのBLOG]
[Web Top] Profile 所有楽器の間 Mail Link

トロンボーンって

2009 年 07 月 30 日
トランペット奮闘日記


スライド・トランペットの方は順調に練習はしておりますぜ。

当初、音階すらままならなかったのですが自分でポジション表を作ったり、ピストンを押したときの長さのイメージをリンクさせることで結構吹けるようになってきて面白さを感じてまいりました。

高校のとき、トロンボーンをちょっと吹かせてもらったことがあったのですが音階などまったく出来ませんでした。今なら吹けるかも。

そういえば、トロンボーンってB♭管なのに実音読みなんですよね。おそらく、”ドレミ”を吹くときin B♭だと”ポジション1,6,4”と吹くとしんどい。
実音だと”6、4、2”と長いところから短くしていけばいいので入門者にも好都合、と言う感じなんでしょうね。

私はトランペットを実音読みでやっているので問題はないのですが、inB♭読みのトランペットの人はやっぱりB♭読みで難しくなるのでしょうか?

でも、調が変われば吹きにくさは同じですが・・・
(- -;)

ちなみにトロンボーンは”ポジション1~7”で覚えるようですが私は”ポジション0~6”と位置づけて練習しています。

なにも押さえないときが”ポジション0”としたほうがピストン慣れしているトランペッターにはイメージしやすいと思うのですよ。どうでしょう?

そういえば、なんだか絶対音感のある人が管楽器をやりたいときはトローンボーンがいいとか聞いたことがあるのですが実音読みだからというのがあるからなんでしょうか?(よくわかりません - -)

トロンボーンをやっている人はセッションとかやりやすくてブラスの中では異文化交流進んでそうですね。


今日、関東地方は快晴でした。暑さはまだまだ物足りないですがビールはうまいです!
(飲んでマース^ ^;)

スポンサーサイト
テーマ: 楽器 ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

カテゴリ
BLOG内検索フォーム